英語できるとモテる?!発音を極めるとモテ加速

※当サイトには広告が含まれます。

英語できるとモテる?!発音を極めるとモテ加速 英会話学校

真面目に英語を勉強している人からすると、「英語ができるとモテる」なんてトピックは腹立たしいものかもしれません。

しかし!!英語ができると本当にモテます。
「英語勉強しなきゃいけないけど、面倒だなー」と思っている人には「モテる」ことをモチベーションとして頑張ってほしいほど。

今回は、翻訳や英語指導をしているオリビアが、実体験を基に”英語deモテテク”について語ってみたいと思います!

英語ができるとモテるって本当?

英語できるとモテる?!発音を極めるとモテ加速

英語ができるとモテます。
それも、年齢関係なく。

英語って、本来は相手に考え方を伝えるためのツールなんですよね。
つまり、英語は頭の良し悪しを測るためのものでは決してないのですが、英語が学校の必修科目である以上、英語ができるだけで「勉強ができる人」扱いしてもらえるんですよ。

おかげさんで、英語学習に本気で取り組み始めた高校生ぐらいの頃から、「あの子、超頭良いらしい」と有難い評価を得られるようになりました。

中学の時からは想像もできないモテ方をするようになりました笑

先生たちからも「外交官とか目指せば?」などと言われるようになったこともあり、周りからはリスペクトを含んだモテ方をするようになったんですよね。
一石二鳥どころの話じゃない!!

ちなみに高校卒業後、進学してからも就職してからも、英語ができるというだけでちやほやされることが多々ありました。

アメリカ生活の中でも、「え?日系じゃなくて日本出身なの?訛り全然ないねー!」と驚かれ、興味を持たれることは割とよくあります。

英語の発音を極めるととにかくモテる!

英語ができるとモテる

では、具体的にどういうシチュエーションですごい人認定されるかというと、「英語を話しているのを聞かれた時」です。

そして一番重要なのは、”発音”
英語の発音が良いと「ネイティブスピーカーみたい!すごい!!」と評価されるんですね。

例えば、芸能人が良い発音で英語を話しているのを見ると、
思わず「すごい!」って思ってしまいませんか?

逆に、英語が堪能だと思っていた人の英語が、日本語訛り100%だと、
「あれれ?」って思ってしまいませんか?

つまり、英語の発音って、他人の英語力を判断するための基準になるんです。
(実際の英語力はどうであれ)

だから、言ってみれば英語の発音をマスターするだけで、周囲の目は思いっきり変わります。

モテ狙い!英語の発音を極めるためにおすすめの学習法!

モテるためには発音が大事ってのは分かったけれど、
具体的にどうやって勉強したらいいの?

私がおすすめしたいのは、”シャドーイング”という学習法だよ!
その他にも、発音専門のオンラインスクールもおすすめなので紹介するね

シャドーイング(独学)

シャード―イング

しんどいけれど、絶大な効果があるのがシャドーイング。
シャドーイングとは、お手本となる英語の音声の後を、同じように発話していく学習法です。

これがね、アホみたいに効果があるの。(暴言失礼)

私は今ではアメリカで知り合った人たちに「え?あなた、こっち(アメリカ)出身じゃないの?」と驚かれるぐらいの発音を身につけていますが、これもすべてシャドーイングを毎日毎日実践していたからです。

私がシャドーイング初心者時代に使っていたのは、VOA Learning English。
こちらです↓

VOAは、非ネイティブスピーカーを対象とした英語のニュース番組なので、アナウンサーの話すスピードがゆっくりなのが特徴。
だから、シャドーイング教材としておすすめなんですね。

とはいえ、初めてシャドーイングをする方からすると、簡単ではないと思います。
英語を聞きながら発話していくという学習法に慣れていないと、頭も口も混乱するんですよ。
もしかしたら、「え!こんなの発音できないよ!」って思ってしまうかもしれません。

私も最初は苦労の連続でしたが、集中して練習を重ねると必ず上達します!

何せ、私の英語力や発音スキルを思いっきり押し上げた学習法ですからねっ!!

私は、毎日40分~1時間程度シャドーイングに時間を費やしていました。
VOAを見ながら、アナウンサーと全く同じように話すトレーニングを来る日も来る日も・・・。
その結果、ネイティブっぽい英語の発音に加え、リスニングスキル、スピーキングスキルも爆上がり。
もちろん、スクリプトを見ながら行うためリーディングスキルも上がりました。


1つ難点を挙げるとすると、「自分がきちんと発音できているかどうかわからなくなること」。
自分の音声を録音し、分析と修正を繰り返すと解決しますが、結構地道でしんどく感じることも。

そんな時におすすめなのは、プロにサポートしてもらえるサービス。

例えば、以下の「シャドテン」は、シャドーイング学習をサポートしてもらえるサービスです。

自分1人でのシャドーイング練習がしんどいと感じるようになったら、
プロの手を借りるのもおすすめ。

発音矯正スクール(オンライン)を利用

私はシャドーイングを繰り返すことでネイティブに近い発音を手に入れることに成功しましたが、「発音に時間かけたくない!手っ取り早く発音矯正したい!」という方には発音矯正スクールもおすすめ。

「発音矯正スクールspeek」では、「発音が向上すれば英語力全体が向上する」というコンセプトで、ゼロベースから英語の音を脳内で構築するサポートをしてもらえます。

“speek”所属の講師は、全員言語系の学位を持っているのが特徴。

本気で英語の発音を矯正したい人におすすめのスクール!

イギリス英語にも対応しているので、
アメリカ英語ではなくイギリス英語の発音をマスターしたいというアナタにもおすすめ。

レッスンの際は、母音・子音、リンキング、イントネーション、リズム、呼吸法など、論点を一つずつ丁寧に教えてくれるので、今現在の英語の発音が壊滅的だったとしても問題無しです。

「モテるために、何が何でも英語の発音を良くしたい!!」という情熱的な方は、まずトライアルレッスンを受けてみてはいかがでしょうか?
speekのトライアルレッスンは有料ですが、100分間のレッスン+詳細な発音分析レポート付きなので十分価値はあり。

speekのサイトでは、受講から3ヶ月経過した段階での会員の発音が試聴できます。
「こんなにネイティブっぽくなるんやーー」と感動ですよ!

英語の発音を極めると間違いなくモテる!(まとめ)

今日は、モテを狙うために英語を勉強しようというトピックでお送りしました。
動機が不純ですね。(きっぱり)

でも、英語ができると(発音を極めると)モテるのは間違いないと思います。
ま、単純に英語ができるとめちゃ便利ですしね。進学や仕事の選択肢も広がるし。

モテ人生の一歩を踏み出すためにも、英語がんばりましょーー!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました