国際結婚

【ネット恋愛】外国人との出会いにネットはあり?語学アプリで出会って国際結婚した友人の話

2021年12月12日

オリビアです。
今日のテーマは「ネット恋愛」。

それも、ネットで出会った外国人との恋愛についてです。
最近ラブハードというネット恋愛からリアル恋愛に発展した内容の映画を見たばかりなので。

私の周りにネット恋愛の末結婚した人もいるので彼らのエピソードをご紹介しようと思います。

今現に外国人とオンライン恋愛をしている方の参考になれば。
 

ネットで出会った外国人を好きになった?!どうする?

インターネットが発達してから出会いの場が広がっている今日この頃。

その上ここ数年はコロナの影響もあり、オンラインで異性と出会う機会が増えているようです。

ネットだと海外の人とも気軽に出会えるので、語学学習やゲームなどを機に外国人との恋愛を体験する人も多いようです。
 

私の周りにもネット恋愛をしている人が何人かいるんですよ!
(私自身もネットで出会った人を好きになった経験あり 笑)
 

もしかしたら、これを読んでいる方の中にもネット恋愛真っ只中の方がいるのかもしれませんね?!

 
でもネット恋愛ってちょっと周りの反応が気になりませんか?
怪しい世界にハマってしまっていると思われたくない・・・とか。
 

周りに引かれそうで、出会いについて聞かれるのが億劫なのがネット恋愛・・・

でも、人目など気にせずネット恋愛からスタートして堂々と結婚した友人をご紹介。
 
 

ネット恋愛の末国際結婚した友人

私の友人は、1年ほどのネットでの付き合いの後結婚しました。

相手はインドの男性。
友人はもともとインドに興味があり、文化について教えてもらえる人を探していたそうです。

そして語学学習アプリで知り合った男性とやりとりをスタート。
 

当初の話題はインドの文化風習のみだったそうですが、途中からお互いについても話すように。
日々のやりとりから、真面目で親切な性格の持ち主だとわかり、少しずつ惹かれていったそうです。

情熱的な彼女は、長期休暇を取りインドに会いに行きました。

本当は彼の方が会いに来る予定だったそうですが、うまくビザが取得できなかったらしく彼女が行くことに。

実際に会ってさらに惹かれ合った二人はそのまま婚約。

友人は一旦国に戻ってから仕事を辞めてアパートの部屋を引き払い、単身インドへ。

そして無事夫婦になったのです。
 

こうやって書くと淡々としていますが、実際リアルタイムで報告を受けていた私はドラマや映画みたいな展開だと思っていました。

国を超えての結婚は大変ですが、いくつもある壁をいとも簡単に乗り越えていく彼女を見ているとネット恋愛の可能性を感じたものです。
 
 

他にも、趣味のコミュニティサイトで出会った外国人と国際結婚した友人もいます。
今は子宝に恵まれ、家族3人日本で暮らしているらしい。


 

外国人との出会いにネットはあり?語学アプリがおすすめ

ではオリビアはネット恋愛についてどう思っているのか。

実際ネット恋愛ってちょっとリスキーでデンジャラスなイメージがありますが、私は肯定派です。

なぜかって?
出会いの場がオンラインだというだけであって、中身は人間同士なので。
 

私自身ネット友達と実際に会ったことがある上に、上でも書いた通り、ネットで出会った人を好きになった経験もあるのでそういうものに抵抗があまりないのかもしれません。
 
もちろんネットだと身分を偽るのも簡単なので十二分に気を付ける必要はありますが、遠方の人とも知り合えるので自分にピッタリな人と出会える可能性もぐっと広がります。

 
で、出会い方についてですが私の友人のように、語学を勉強しながら出会った人と・・・というのが安全なのではないかと思っています。
(出会い系はさすがに怖い)

語学アプリやらゲームやらを通じてあくまでも自然に恋愛に発展・・・ってのが理想なのでは。
 

あなたはどう思いますか?

 
では次にネット恋愛に潜む危険について。
 
 

外国人とのネット恋愛に潜む危険性

私が10代のころにはまだまだ珍しかったネット恋愛ですが、今ではそれほど珍しくなくなってきました。
しかーし。
ネットだからこその危険性や不便なこともあるんです。
 
 

実は相手が既婚者かもしれない危険

日本でも聞きますよね、交際している相手が実は既婚者だったという事実。

日頃から普通に一緒に過ごすような関係であっても実は妻子持ちだった!という衝撃のストーリーを耳にすることがありますが、ネット恋愛だとなおさらです。

遠方に住んでいると、相手がどこで何をしているのか分からないのがネット恋愛。
 
「あれ?」と思うことがあっても、現地に押しかけない限り、または相手がボロを出さない限り疑惑は疑惑のままです。
 

また、既婚者じゃなかったとしてもネットだと身分は比較的簡単に偽れるので注意が必要。
 
 

疑い深いと喧嘩になりやすいネット恋愛

たとえネット恋愛の相手がきちんとした人だったとしても、どちらかが疑い深い性格だと喧嘩は付き物。

なにせ、ネット恋愛の多くは遠距離恋愛です。
ずっと一緒にいるのと違って、ネットだけだとコミュニケーション不足になるのは否めません。

普段のコンタクトは全てオンライン上になるので、嫉妬深い人には大変かも。
 

例えば・・・

・SNS等で自分のパートナーの写真がタグ付けされてるのを発見して「何これ、聞いてない!」とモヤモヤ。

・ネットゲームで知り合った場合、彼氏(彼女)が異性のメンバーとつるんでいるのを見て嫉妬心がメラメラ。

 

でも、嫉妬深い奴だと思われたくなくて我慢してさらにストレスが溜まったり

普段から蜜なコミュニケーションが取れていないと、こういうことは結構ありますよね。
 

 

誕生日や記念日に離れ離れなのが辛いネット恋愛

ネット恋愛の多くは遠距離恋愛だということを書きましたが、
遠方に住む人とネット恋愛の場合、記念日や誕生日だからと言っておいそれとは会いに行けません。
 

特に今みたいにコロナのような状況になると、たとえ時間とお金が十分にあったとしても会うのは難しくなります。

それも年単位で会えないとなると、将来を考える上でなかなか厳しいですよね。
 
 

他人の目が気になるネット恋愛

職場やサークルで出会うのも、ネットで出会うのも出会いとしては同じだと思いますがなかなか周りからの理解を得にくいのがネット恋愛。
「どこで出会ったの?」と言われて「ネットだよ」とあっさり言えないことも多いですよね。
 

ネットでの出会い=怪しいと思い込んでいる人が多いので、正直に言うと周りに心配されちゃったりするんですよね。

相手がきちんとした人であっても、「出会いがネット」というだけで周りから怪しまれてしまうのは不本意!!
 
 

ネット恋愛から結婚する人は今後増える?

今はちょっと後ろめたさもあるかもしれないネット恋愛ですが、今後はもっと増えていくと思います。

皆がネットを使う時代だし、顔の見えない相手と知り合う機会もさらに増えるはず。
特におうち時間が長い現在の状況では、合コンもしにくいので余計オンラインでの出会いが多くなる気がします。

ちなみに、あくまでも肌感覚ですが、アメリカの方がネット恋愛に関して寛容な空気がある気がします。

一筋縄ではいかないネット恋愛ですが、もし今ネット恋愛に発展しそうな状態の人がいたら、ネットフリックス映画「ラブハード」がおすすめ。

少し前にラブハードについても書いているので、気になる方はどうぞ!

 

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

国際結婚, ,

Author:


アメリカ在住のオリビアです。
砂漠と海とバチャータが大好きな変わり者。
多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。

詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク