文化(アメリカ・NYC)

容姿いじりって海外でもある?ない?アメリカで暮らしてみて日本と違うなーと思ったこと

他人の容姿についていじったらマズイ。

最近そんな風潮が日本でも出てきていますよね。
てなわけで今回は容姿いじりについて。
 

日本では容姿いじりは普通?

日本で生活していると、会話の中で「容姿いじり」ともとれる発言をされてしまうことってありますよね。

私なんて日本に一時帰国中に知り合いに会ったら開口一番「わーー太ったね!」と言われたことがあります。
(いきなりそれ? ひ・・・ひどい)
 
 
今はちょっとわからないのですが、少し前までは日本のテレビでも「チビ」だの「ハゲ」だの「デブ」だの、容姿をいじるワードが飛び出していました。
 

芸人さんなどは自ら容姿で笑いをとることもあるし、相方もネタとしてそこを敢えていじったりするので、それを日常的に目にする私たち日本人は「容姿いじり」に慣れてしまっているような気がします。
 
 
そういえば日本で会社勤めをしていた時も、長身の新人さんが入って来た時はしばらく「ノッポ」と呼ばれていました。
 
 
しかし、海外でも同じかというと決してそうではないのです。
 
 

海外(アメリカ)でも容姿いじりってあるの?ないの?

海外と言ってもわたしはアメリカしかわからないのですが・・・。
アメリカ生活の中で気付いたこと、それは容姿いじりがほぼないことです。
 

アメリカは色んな人種の人の集まりなので髪の色も顔の色も体型も本当に様々です。
大きな人も小さな人も、細い人も太い人もいて当然の環境です。
 

本当にみんなバラバラの容姿なのであまり他人と比較することもないのです。
 

それに、ヘタに容姿いじりなんてすると人種差別につながりかねませんし。

 

私自身、アメリカに住んでいて容姿に関するツッコミを入れられたことは一度もありません。

「肌がきれいだね」とか「黒髪って素敵ね」とか、褒め言葉はかけられますが、ネガティブな意味での容姿ネタは会話の中では出て来たことがないんです。
もちろん、容姿をからかうようなあだ名もNGです。
 

 
そういえば某動画サイトでメキシコ人インタビュアーが日本でメキシコの印象について聞いてみるという企画をしていたことがありました。

その時、街頭で声をかけられた日本人は、「陽気」「料理が辛い」などだけでなく、「メキシコの人は色が黒い」「肌が黒いイメージ」などと言っていて、見ていた私が思わず冷や汗をかいてしまった、ということがありました。

もちろん肌の色に関する印象を話していた日本人もまったく悪気はないのですがね。

 
 

自ら容姿いじり?日本でよく見る自虐ネタもアメリカでは一般的ではない

日本では芸人さんを中心に体型や容姿を自らネタにして笑いをとっているのを見ることがあります。

「不美人」とか「薄毛」とか「肥満」とか、そういった特徴を笑いにすることが多いですが、これもアメリカではあまり見られません。

「ちょっと太ったからダイエットしなきゃ」とか、そういう会話は普通に出て来ますが、わざわざ自ら笑いに持って行く人はほとんどいません。

なんとなく、自分のことであれ、他人のことであれ、外見をけなして笑うことに対し嫌悪感があるのかな、と思います。
(全く誰もがしないわけではないけれど、一般的ではない感じ)
 
 
そんな中で長く暮らしていると、日本のお笑いを見る度に面食らい、文化の違いを感じてしまいます。
 
 

海外(アメリカ)で容姿いじりをすると軽蔑される

では、そんなアメリカで他人の容姿をいじるとどうなるかというと、軽蔑されます

もちろん色んな人がいるので、海外でも他人の容姿を貶す人はいるのですが、人間として低レベルだとみなされます。
 

そもそも、本人の努力で変えようがないことをいじるのは失礼なので、冗談でも「あいつって短足だよな」とか言っちゃいけません。
 

そういえば、日本では褒め言葉である「鼻が高い」とか「目が大きい」、「色が白い」とかも、人によっては貶し言葉になることもあるので避けた方が無難です。

つまり「いじり」じゃなくても、容姿についてはあまり話題にしない方がいいということですね。
 
 

容姿いじり in 海外 まとめ

今回は私が知っている範囲で色々書いてみましたが、世界は広いですよね。
その土地によって「容姿いじり」も色々だろうと思います。

ただ、個人的に思うのは「容姿についての会話はそんなに楽しくない」ということです。
日本のお笑いにしても、雑談にしても、容姿をネタにしているのはあまり笑えないですね。

ちなみにアメリカではたまにスタンドアップコメディとかも見ますが、容姿いじりはあまりないかも。

よし、今度は機会があったらアメリカのコメディについて書いてみようかな。
(機会があったらね)
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC), ,

Author:


アメリカ在住のオリビアです。
砂漠と海とバチャータが大好きな変わり者。
多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。

詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク