文化(アメリカ・NYC)

【お線香】フリージアの香りに癒される日々 in アメリカ|アロマ代わりに部屋で使用

夕べお風呂で(小声で)歌ってたら、なぜか自分の声に重ねるようにして低い声が同時に出たオリビアです!
悪魔にでも憑りつかれたんだろうか。

さて。
先日は私の「かえってきた膀胱炎」について書きましたが、その後特にひどくなった感じはありません。
クランベリージュースが効いているのだと思います。

そんなわけで、今日は呑気に(?)お線香のお話です。
 

アメリカでお線香にハマり毎日部屋で使用!アロマ代わりに!

アメリカに来て数年ぐらい経った頃からハマっているのが「部屋の中でお線香を焚くこと」。

最初はこっちに売ってるキャンドルやらアロマやらを使ってたんですけど、結構香りがキツめなんですよ。
しかも香りが人工的なものが多く。

初めの方はそれでも問題なかったのですが、ある日一時帰国の時に実家からもらってきたお線香を焚いてみたら、思わず感動してしまうほど心が落ち着いたのです。

そしてそれは日本人の私だけでなく、アメリカ人のパートナーもハマってしまうほど。
パートナーなんてここ数年、自らお線香に火をつけて「うん、良い香りだね」なんて言っています。
 

 
お仏壇もない部屋で(しかも海外)お線香を焚くことに躊躇もありましたが、あまりに気持ちが落ち着くので今や日常生活の一部となっています。

完全にアロマ代わり。

なんていうか、田舎の祖父母を思い出すんですよ。

華やかな香りのアロマもいいけれど、お線香も最高です。

気持ちがすーーーっと落ち着くので疲れてるあなたはぜひ試してみてください。
 
 

お線香の中でもフリージアの香りがダントツNO1!

ずっと白檀の香りが好きだった私ですが、ここしばらくハマっているのがフリージアの香りのお線香です。
もう、これがないと1日が始まらんわ!!ってぐらいにヘビロテ中。

本当にフリージアっぽい香りですごく良い香りなんです。
花のことなんて全然知らないパートナーも「これが一番いい香りだ」と絶賛するほど。

 
いつもならこの季節は日本に帰国してるのですが、去年も今年もコロナ渦で帰国の見通しも立たず、とりあえずはお線香の香りを嗅ぎながら日本を思い出しています。

うーーーん、癒される。
 
 

通販でフリージアの香りのお線香が買える

このお線香、楽天で買えるみたいなのでお線香の香りが好きという方はぜひお試しを。

 
 

アメリカで見つけた「線香」とは?

アメリカで日本のお線香を使っている人がどれぐらいいるのかわかりませんが、少なくとも私たち夫婦はお線香ラバーで毎日のように使っています。

当然パートナーも「お線香」という言葉を覚えているわけですが、ある日びっくりする(?)出来事が。

それはブルックリンをぶらぶら歩いてた時のこと。
パートナーが「ん・・・?SENKO?お線香?」と言うので、彼の視線の先を見てみると、なんと「SENKO」という名前の葬儀屋さんが!!
 
 
まさかのネーミングです。
 

さすがに写真は撮影しづらかったのでグーグルマップの画像でも。

 
パートナーはお線香のことを「日本のアロマ」と思っていたようで、葬儀屋さんの名前に「お線香」のワードが使われていることにたいそう驚いていました。
(その後説明しました)

いやー、私もびっくりしました。
この葬儀屋さんが日系なのかどうかは未だに知りません。
 
 

まとめ!アメリカでアロマ代わりにフリージアのお線香に癒される!

日本人として、お仏壇もないのにアロマ代わりにお線香を焚いているというのは今でもちょっと抵抗があります。

ですが、遠く離れた故郷日本の祖父母、そして田舎の大きな一軒家や畳の部屋などを思い出すのでやめられないのです。
嫌なこととかあっても、お線香を焚いてヨガなんてするとすごく心が穏やかになるというか。

今のところ私のお気に入りはフリージアと白檀ですが、おすすめのお線香があればぜひ教えてくださいね!
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC),

Author:


アメリカ在住のオリビアです。
砂漠と海とバチャータが大好きな変わり者。
多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。

詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク