文化(アメリカ・NYC)

NYの夜景ならロングアイランドシティのガントリープラザ・ステート・パーク!

2018年10月7日

ニューヨークの夜景というと、エンパイアステートビルディング(Empire State Building)やトップオブザ・ロック(Top of the Rock)を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

確かに両方有名なだけあって、昼も夜も素晴らしい絶景が楽しめます。

ただ、いつ行っても観光客でごった返していて展望台に辿り着くまでに最低数十分はかかるのと、料金がそれなりなのが玉にキズ。

・Top of the Rock・・・大人1名36ドル

・Empire State Building・・・標準パスで大人1名37ドル
(2018年10月現在)
 

結構高いよね。


そこで、今回はニューヨーク在住の私が観光客の少ない夜景スポットをご紹介します。


 

ロングアイランドシティにあるガントリープラザ・ステート・パーク

クイーンズはロングアイランドシティにあるガントリープラザ・ステート・パーク(Gantry Plaza State Park)は、その名の通り公園です。
日本語ではガントリープラザ州立公園というらしいです。

お目当てのニューヨークの絶景はイーストリバーを挟み、クイーンズ地区側から見ることになります。
 
 
ニューヨークには他にも似たような場所があり、ブルックリンのダンボなどもイーストリバーの向こうにマンハッタンの摩天楼が見える大人気スポットです。

ただ、ダンボはマンハッタンからブルックリンブリッジを渡って来た観光客がわんさか押し寄せるので個人的にはガントリープラザ・ステート・パークの方がオススメです。

 

ガントリープラザ・ステート・パークはマンハッタンから行く場合、車や電車を使って行く人がほとんどで、少し面倒に感じるかもしれませんがマンハッタンのグランドセントラルからだとあっという間に着きます。

それに、公園に着いて摩天楼が視界に入った瞬間気分が盛り上がること間違いなしです。

 

私はニューヨーク市以外から友達が遊びに来た時はよくここに案内しますが、皆すごく喜んでくれます。

観光客にはあまり知られていない場所なのでニューヨークらしい空気を味わいたい方にはオススメです!

 

 

ガントリープラザ・ステート・パークは昼間も楽しい

この公園はランニングをする人や散歩をする人、子供連れの家族などで賑わっています。

ドッグランのような、犬が遊べるエリアもあるのでワンちゃん連れの人も多く見かけます。

 

また、気候の良い時期にはピクニックを楽しむ人々や、ウェディング写真の撮影をしているカップル、エクササイズに励むグループなどもいるのでベンチに座ってぼんやり見ているだけでも楽しいです。イベントなども時々行われています。

 

夜景だけではもったいないので時間のある方はぜひ早い時間から行ってみてください。

ガントリープラザ・ステート・パークの近くにはスーパーマーケットやパティスリーがありますので、そこでフルーツやドリンク、デザートを買って公園でピクニックをするのが私のお気に入りの週末の過ごし方です。

 

 

夏には無料のヨガ教室なども行われる

 

 

 

 

真夏の朝に撮影

 

 

夏場は朝からカフェスペースで寛ぐ人が多数。

日によっては昔懐かしい60年代70年代のヒット曲やサルサなどが流れていて雰囲気がとても良いです。

 

 

 

 

公園内はベンチがたくさんあるので座るところには困らないと思いますが、川沿いの絶景ポイントは埋まっていることもよくあります。

でも、待っていたらそのうち空くので川の側でのんびり過ごすのがオススメ。

 

 

 

 

天気が良いと、ピンクに染まった夕焼けとマンハッタンが見られることもあります。

カメラをお忘れなく。

 

 

クイーンズ(ロングアイランドシティ)から見るマンハッタンの夜景は最高

イーストリバーに写る街の灯りは美しい

 

 

初めてガントリープラザ・ステート・パークからの夜景を見た時は感動でした。

川に写ったマンハッタンのビルの光がキラキラ輝いていて、目が離せませんでした。

この光景をカメラに収めようと、三脚を立てて夜になるのを待っている人も多いです。

週末は特に人が多く、公園内は夜でも治安が悪いと感じたことはありませんが、そこはニューヨーク。変な輩がいないとも限らないですので周囲には気を付けて過ごして下さい。

写真撮影に夢中になりすぎないように。

 

私がニューヨークの夜景のおすすめスポットとしてガントリー・プラザ・ステートパークを挙げる理由は、ミッドタウンのエンパイアステートビルディング、クライスラービルディング、国連本部が一望できるからです。

ブルックリンのダンボからの、フリーダムタワーとブルックリンブリッジが見える景色も素晴らしいのですが、やはりエンパイアステートビルディングは特別です。

何年ニューヨークに住んでいても、全く見飽きることがありません。

 

 

 

デートにもおすすめです!

 

 


 

ロングアイランドシティへの行き方!マンハッタンからのアクセス

ロングアイランドシティへ電車で行く

グランドセントラル 42nd St (Grand Central 42nd St)からクイーンズ行きの 7 trainに乗り、Vernon Blvd Jackson Avで下車。ここはクイーンズに入って1つ目の停車駅です。

地上に上がり、公園までは徒歩7分ほどで着きます。

 

 

ロングアイランドシティへ自転車で行く

クイーンズボロブリッジを渡って行くことが可能です。

ミッドタウンのグランドセントラル付近からだと約20分少々で到着します。

自転車に乗り慣れてないと、このクイーンズボロブリッジを渡るのは結構しんどいです。キツくなったら自転車を降りて歩いて渡るのも可。(私は何度も経験済み)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

マンハッタンから見る夜景も最高ですが、気候の良い時にはクイーンズ地区からイーストリバーとマンハッタンの高層ビル群を楽しんでみてください。

川沿いですので秋冬は寒いです。寒い時期にお越しの場合は防寒対策をお忘れなく。

 
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC), ,

Author:

スポンサードリンク




初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク