ファッション

国際結婚してマスカラをやめた理由を告白!アジアンビューティー目指すならメイベリンがおすすめ

ホリデーシーズン近くなるとメイクにも力が入ります。
でも私、マスカラは全然しません。

なぜかって?

今日はマスカラについて語りますよー。
 

国際結婚して私がマスカラをやめた理由は?

タイトルからも分かる通り、私はマスカラを使っていません。
独身時代はバリバリつけてましたが、なぜマスカラをやめたのか。

それは、

パートナー(アメリカ人)のまつ毛が長すぎるからです!!!!!
 

パートナーのまつ毛を分かりやすく表現すると、「長い・濃い・密!」。
惚れ惚れするほど長く、濃く、密度の高いまつ毛で、まつ毛モデルとして活動してほしいぐらい。
 

そんな立派なまつ毛を生まれながらに持ったパートナーの横で、マスカラたっぷり塗って必死感漂わせるのは嫌だったのです。
(そんなふうに卑屈になってしまうほどの差 汗)
 

ついでに言うと、私の周りの美人な友人たちも元々のまつ毛が長い人たちばかり。
彼女たちは元が長いのにさらにボリューミーなマスカラを付けるものだから、「ラクダか!!!」とツッコミ入れなきゃいけないぐらいの存在感ある目元に。
 

マスカラ塗ったぐらいでは太刀打ちできない。敗・北・感!!


心が折れた私はマスカラをあきらめることにしました。
 
 

マスカラをやめたもう1つの理由はアメリカではアジアンビューティーが求められるから

少しでもまつ毛を長く見せたい・・・・・

それは多くの女性が願うこと。
人種関係なく、多くの女性がマスカラを使用して少しでも魅力的に見せようと努力しています。

もちろん元々まつ毛が短めである東アジア系の私たちがマスカラを使うことは全く否定する気持ちはありません!!
多分、国際結婚をせず日本に住んでいたら、今でもマスカラは塗っているはず。
 

ただ、アメリカではアジアンビューティーが求められます

日本ではまつ毛をしっかり盛った可愛い系OLがいつの時代も人気だと思いますが、こっちでは(アジアンに対しては)クールビューティーが美の基準。
 
 
OL時代のような可愛い系(盛りまつ毛)メイクよりも、目元スッキリ+素肌や黒髪の美しさをアピールする方が圧倒的にウケが良いとわかってからは私もそっちにシフトチェンジしました。
 

今のメイクはマスカラがなくてもアイシャドーがあればそこそこ実現できるので、マスカラは本当に使わなくなりました。
 
 
とはいえ、私にだって超絶お気に入りのマスカラがありました。

私みたいに心が折れてない人なら海外に住んでる人や、国際結婚してロングまつ毛をバサバサしてるパートナーがいる方にもおすすめしたいマスカラ。
いや。アジアンビューティーを目指してる方にこそ試してほしい。

ご紹介しましょう。
 
 

アジアンビューティーを目指すあなたにおすすめのマスカラはメイベリン

メイベリンニューヨークです!!!

私が好きなマスカラは昔からずっとメイベリン!!!!!
ニューヨークが関係なかった学生の頃からずっとメイベリンです。
 

社会人になって、お高いマスカラが買えるようになって何度か他所のブランドに浮気したけれど、やっぱりメイベリンに戻って来ちゃうんですよね。
 
 
私の推しポイントとしては、

・マスカラがダマになりにくい
・なのにしっかり伸びる
・パンダ目になりにくい
・お湯でオフできる
・そして安い 笑

 
これはアジアンビューティーを目指す方にもおすすめです。

・あくまでバサバサゴテゴテにならず、美しい仕上がり
・時間が経ってもパンダ目にならずすっきり綺麗な目元をキープできる

のです。

 
日本人の目って海外の人に比べてすっきりしているのでそれを活かすにはやはりスッキリしたまつ毛。
マスカラでボリューミーなのもいいけれど、個人的には目元を強調するぐらいでいいのかなと思ってます。

 
さらにメイベリンのこのタイプのマスカラはパンダ目になりにくいんですよ!
これは、マメにメイク直し出来ない人にはとても助かる!

そんなわけで、仕上がりがダマダマにならずすっきり伸びが良いのに、長持ち&パンダになりにくい&安いメイベリンは最高でした!

お湯でオフできるところも好き

もちろんメイク道具は人によって合う・合わないはあると思いますが、マスカラをどれにするか迷ってる方はぜひ。
 
 

まとめ!国際結婚の末マスカラをやめた

後半メイベリンの話になってしまいましたが、本音を言えばまた昔みたいにマスカラをしたいという気持ちがないわけではありません。

(独身時代はメイベリンのマスカラの上からラメマスカラをプラスしたりしてた)
 

さっきその話をパートナーにしたら、「地まつ毛の長さなんて関係ないよ!マスカラしたいならしたらいい。僕、マスカラしてるところ見てみたいな」となぜかノリノリでした。
 

うーーーーん、まだ抵抗あるけれど、あまり頑ななのも確かに良くないかも。

気が向いたらまたつけてみることがあるかもしれません。

その時はまた絶対メイベリンニューヨークにする!!


 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

ファッション, ,

Author:


アメリカ在住のオリビアです。
砂漠と海とバチャータが大好きな変わり者。
多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。

詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク