文化(アメリカ・NYC)

フッチェンロイター エステールが可愛すぎて使えない!ティータイムできない!

こんにちは。
ニューヨークから、オリビアです!

少し前にも食器の記事を書いたのですが、今回も同様私の大好きな食器について語ってみたいと思います。
 
 

 
 
今回はドイツの陶磁器メーカー、フッチェンロイターのお話。

お付き合いよろしくお願いします★☆彡




輸入ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル

フッチェンロイター!エステールのティーカップ

華奢で素敵な食器が好きな人であればきっと持っているに違いないフッチェンロイター。

ドイツの陶磁器メーカーで、創業はカルル・マグヌス・フッチェンロイターです。
 
 
私は元々カラフルな色がとても好きで、食器メーカーであればittalaが好みなのですが、そんな私がなぜか一目惚れしたのがフッチェンロイターのエステールでした。
 
 
知人から頂いたティーカップとソーサーのセットだったのですが、ネモフィラのような優しい水色にハートを持っていかれてしまったのです。

初めて見た時は、上品で可憐で、なんてかわいいのーーー?!とドキドキしたものです。

 
 

ティータイムできないフッチェンロイターのティーカップ

見てください。

この美しい模様。

このティーカップでとびきりおいしい紅茶を飲みたい、そのために美味しい焼き菓子を焼きたいという願望はあるのですが、
なかなか普段使いできない気の小さい私。

使えば使うほどこの綺麗な模様が薄くなっていくのだと思うと使う気にならないんですよね。

 

 

こういうの、フッチェンロイターの食器でやりたい!!
でもできない!!


 
せめてお友達が遊びに来た時でもと思うのですが、私も友人もおしゃべりしながら大きなマグカップでゴクゴク紅茶を飲み、パクパクとケーキやマフィンをたいらげてしまうので、こんなに小さくて華奢なティーカップでは間に合わないのです・・・汗

で、結局活躍の場がなく食器戸棚の一番奥で鎮座しているフッチェンロイター様。
 
 

ソーサーもネモフィラ色でとっても可愛い!!
 
 
大体普段使っているアメリカの食器って分厚くて頑丈にできているものが多く少々雑に扱っても壊れることもないのですが、
ヨーロッパ製のこんな華奢な食器を無理して使ってその日のうちに割ってしまったりしたら3~4日寝込んでしまいそうです・・・。

大事にしているものに限って割ってしまうという・・。
めちゃ安の墓石みたいなお皿などは落としてしまっても割れないのにね


 

ティータイムに使えるようになったら報告します

「お前の食器の報告なんか要らないわ!!」なんて言わないでください。

とびきり美味しい紅茶を入れて、女子力高めの焼き菓子でも作ったらその日はここでご報告します。

その日は私のフッチェンロイターティータイム記念日となりますから。(エッヘン)
 
 
てかね。
私ニューヨーク在住ですけど、私が普段行くようなお店にはフッチェンロイターの食器を見かけないんですよ。
食器巡りとか優雅な時間を持てないので、私が知らないだけで実際にはあちこちで取り扱ってるのかもしれないけれど。

というわけで、余計に使いづらいんだなあ・・・。

割ってしまっても最寄りのショッピングモールとかで手に入るならもっと活躍しそうだけど。
 

 
おっと。このままいくとオチのない愚痴(?)が続きそうなのでこの辺で。
 
 
フッチェンロイターを普段使いしてるけど、意外に丈夫だよ!という方がいらしたらぜひ教えてください。

そしたら私も使い始めると思いますので♡

 


CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC), ,

Author:

初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!