英会話

フィリピン留学(セブ島)ってどうなの?失敗しないコツや留学の効果など本音で語ってみる

2019年9月15日

こんにちは!!
ニューヨーク在住のオリビアです。

少し前のことになりますが、日本に帰国している間に数人から聞かれたことがあります。

それは「フィリピンに英語留学に行くことやオンライン英会話でフィリピン人の先生と会話すると本当に効果が上がるのか?」ということです。

もしかしたら過去にもこういったことについて書いたことがあるかもしれませんが、折角なので今わたしが思っていることについて書いてみようと思います。

フィリピン人講師とのオンライン英会話にも少し触れますが、メインはフィリピン留学で!

フィリピン留学って実際のところどうなの?

本音で言いますね。

フィリピン留学、悪くないと思います。
 

私が留学先として友人に推すことが多いのはカナダですが、だからといってフィリピン留学が良くないわけでは決してありません。
 

 
あなたがなぜフィリピン留学に不安を抱くかというと、

① フィリピン人にとって英語は「公用語」というだけであって英語ネイティブというわけではない

② 教え方大丈夫なの?

③ フィリピン訛り、うつらないの?

 
このあたりだと思うのですが、いかがでしょうか?
簡単にみていきます。
 

 

●フィリピン人は英語を話すけれど英語ネイティブではないという不安について

まず1つ目の「フィリピン人が英語ネイティブというわけではない」というところですが、これは実際その通りです。
とはいえ、日本人だからと言って外国人に日本語をうまく教えられるかというと別の話ですよね。

余談ですが、外国人の夫から外国人目線での日本語の質問をされると毎回答えに窮してますもん。

うまく答えられたためしがないんだよね・・・


 

 
 
つまり何が言いたいかというと、英語ネイティブ・非ネイティブにかかわらず、英語をうまく教えてもらえるかどうかが重要ということです。
 

 

 

●フィリピン人に教わる英語って本当に大丈夫?

続いて2つ目の疑問にいきますが、これは1つ目に共通していますよね。

フィリピン人であろうとアメリカ人であろうと、教え方がうまければ特に問題ではないということです。
 

ちなみに英語ネイティブだから英語の教え方がうまいかというと大間違いです。

ネイティブの人たちは生まれた時からその言語を自然に使って来ているわけですから私たちのように細かい部分に疑問を抱くこともないわけで、質問しても「えー今まで考えたことなかったなあ・・・(うまく答えられない)」と答えられること多々あります。
 

むしろ私たち日本人と同じように外国語として英語を習得したフィリピン人の方が我々が疑問に思う部分について理解してくれていることが良くあります。
 
また、オンライン英会話でもそうですが、フィリピン人の英語講師はきちんと教えるための勉強をしてきている人が多いので安心して指導をお願いできると思います。
 
 

 

●フィリピンの訛りがうつってしまわないか不安?

3つ目は「フィリピン訛りがうつらないか?」という心配。

こちらもご心配なく。うつらないと思います。

 
なぜかというと、そんな数か月程度で訛りがうつってしまうほど完璧なコピーはできないと思うからです。

もしできるのであれば、中高時代の英語ネイティブの音声を教材に勉強してきた私たちは既にネイティブレベルの発音が身についていないとおかしいですよね。

でも、実際まだネイティブの発音が身についていないのであれば、フィリピンにほんの数週間~数か月滞在しているだけでクセなんてうつらないと思いますよ。

それにフィリピン人の英語のアクセントはそんなにクセがあるようには思えません。
心配しなくてもダイジョーブ博士です☆
 
 

フィリピン留学のココが良い!おすすめの理由

フィリピン留学をおすすめする理由、いくつかあるので順番に挙げていくよ!

 

●距離が近い!セブ島まで直行便でたったの5時間ほど!

フィリピン留学で有名なのはセブ島なので、セブ島に行くと仮定しての話になりますが、まず何と言っても日本から近いのがおすすめの1つです。

なんと直行便で5時間ほどすればセブに着いてしまうんですからめちゃくちゃ近いですよね。

例えば留学先がアメリカのニューヨークですと直行便でも13時間ほど
(毎回の移動、正直すごくしんどいです・・・)

ロサンゼルスでも10時間ほどかかります。

イギリスのロンドンならどうでしょう。
こちらも直行便で12~13時間かかるのです。
 

「それならオーストラリアならどうよ?もっと近いんじゃない?」と思っている方もいると思いますが、
それでもやはり9時間ほどかかってしまいます。
 
 
直行便でこの飛行時間、結構しんどいです。

その点、行き先がフィリピンのセブ島だと直行で5時間なのでものすごく時間短縮できるというわけです。
 

 

 

●アメリカやイギリスに留学するより費用が抑えられる

例えばニューヨークに1か月の語学留学に行った場合、かかる費用は40万ぐらいだと言われています。

ところがフィリピンのセブ留学だと、費用は3割から半分程度で済むんだとか。

現地でかかる費用が3割から半分程度で済む上に、飛行時間も短く、航空運賃も安く上がるとなるとコスト面ではとても助かりますよね。
 
 
お土産代やら何やら、旅に出ると何かとお金がかかりますので、コストを抑えられるフィリピン留学は金銭的に余裕のない学生さんや、留学だけに大枚はたいていられない社会人の人の味方です。
 

 

 

●英語ネイティブではない人の英語(訛り)に慣れることができる

フィリピン人講師の訛りを気にする人がとても多いですが、私はむしろ訛り英語にも慣れておいた方が良いと断言したいです!

私はニューヨーク在住ですが、この街は様々な国や地域からの寄せ集めで、中高時代に習ったいわゆる「英語の教材英語」のような英語を話す人は殆どいません。

インド訛りや中東訛りや南米訛り、見た目がミックスでもはやどこの訛りかわからないようなアクセントで話す人などいっぱいいっぱいいます。

悲しいのが、訛りが激しい人と話す時私は聞き取るので精一杯だというのに私のパートナー(米国人)は普通に談笑しているのです。
本人曰く「それぞれの地域の訛りに慣れたら大丈夫だよ。」と。
 

つまり、いくら「英語教材のようなお手本英語」に慣れたとしても、それ以外の人と話す度にしんどい思いをしなければならないので、早いうちから色々な人の英語に慣れておく方が良いと私は思うのです。
 
 
フィリピン訛り、覚えたくない!アメリカ人やイギリス人のような英語を話せるようになりたいという場合はシャドーイングを徹底すると良いと思うので参考にしてみてください★

 

 

 

 

●英語の指導能力は欧米人の先生と比べても遜色ない

「フィリピン人の先生ってちゃんと英語教えられるの?」という声を聞くことがあるのですが、これは心配いりません。
多くの英会話スクールは、きちんと指導できる人だけを厳選していますので、「教え方に問題が・・・」というのは少ないと思います。

私自身、オンライン英会話でフィリピン人講師と話したことがありますが、教える技術を習得している人が多いので細かいニュアンスや、文法など、日本人にはわかりにくいところでも決してスルーすることなく熱心に教えてくれました。

英語ネイティブの先生も経験済みですが、指導力に関してはネイティブ・非ネイティブは関係ないと思っています。
 




 

フィリピン留学!おすすめの学校

フィリピン留学というと、

のんびりした雰囲気のなかでゆるーーい授業、楽しいアクティビティというのんびりパターンと、
某スクールのように寝ても覚めても勉強勉強、マンツーマンで鬼講師に何時間も怒られ続けるスパルタパターン、

2つに分かれると思いますが、私はその中間のスクールをおススメしたいです。
 

 
のんびりパターンの留学だとよっぽど自分を律することができないとまず英語力は伸びません。
ダラダラ楽しく授業を受けて、放課後や休日はアクティビティし放題、1か月や2か月経っても英語力は全然変わっていなかったということはとても多いです。
 

 
また1日中マンツーマンの授業を受け続けるスパルタパターンも、よほどの根性がなければ英会話の向上は見込めません。

英会話向上には復習がとても大事なわけですが、夕方に授業が終わってから食事だとか日本の家族とスカイプだとかやってるとあっという間に寝る時間です。
で、復習ができてないと翌日から地獄。

怒られ、凹み、自信をなくし、、、留学が終わってもそれほどの学力向上は見られなかったという声を時々聞きます。
 

 
そんなわけで、私としては授業もしっかり、それ以外の時間も充実というバランスの取れた英語学習をしているスクールをおススメしたいです。
 

たとえば、フィリピン教育機関TESDAの認定校であるNILSなどはなかなか良さそうなイメージです。
 

・TOEIC特訓留学
・親子留学
・ホテル滞在プラン
・1日6時間のOJTをすることで叶う0円留学

などなど。

もちろんスパルタコースもあります。
 

色々なプランが用意されているので、きっとあなたにぴったりのコースが見つかると思います。
 
 

またアクティビティも盛んな学校です。
ボランティア活動を積極的に行っている学校なのでチャリティーイベントを通してセブの子供たちと接する機会もありますし、
それ以外のアクティビティ(ジンベイザメに会えるオスロブツアーやアイランドホッピング)などにも参加できます。
 

勉強も課外活動もバランス良くできるのがいいね!

NILSはセブシティの中心にあるため、ショッピングなどで困ることもなく便利に過ごせます。
興味のある方はホームページを見てみてくださいね。
 



常夏の楽園セブで<格安>語学留学
1週間73,000円から短期留学も可能!
フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

 
 

セブ島留学で失敗しないコツと効果的に留学するための心得

ここではフィリピン留学で効果的に英語学習する方法を書いていくよ!


 

① その日のうちにしっかり復習をすること

先にも書きましたが、復習は必須です。

留学さえすればそのうちに英語ペラペラになれると思いこんでいる人がとても多いですが、そんな甘くはありません。

復習せずに遊び呆けていたら、あっという間についていけなくなります。

逆に言えば、毎日しっかり復習しておけばなんとかなります。

その日習ったことを思い出しながら自分のものになるまでしっかり復習。
セブのような誘惑の多い場所でそれがきっちりできたら英語力に結びついてくると思います。
 

 

 

② 目的を忘れるな!!

・海外旅行で困らないぐらいの英語力を身につけたい

・洋画を字幕なしで見られるようになりたい

・外国人の友達がほしい

・外国で働けるだけの英語力を身につけたい

 
留学前には色々なことを思って留学を決めたことと思います。

ところが一旦留学生活が始まると、良くも悪くも現地の雰囲気にのまれてしまい、そもそもの目的を忘れてしまうことってよくあることです。

最初は明確な目的があったというのに、気が付けば日本人の留学生同士で固まり日本語で会話、放課後やアクティビティも日本語ばかり・・・こんなんでは1年いても2年いても上達はしません。
 

なぜ留学を決意したのか。それを絶対忘れないようにしてください。
時々思い出していると、古株の日本人留学生グループに誘われてもそれにのまれてしまうなんてことはないと思います。
 

 

 

③ 留学前にできるだけ英語の勉強をしておく

これはもう絶対です。
「海外に行けば英語が話せるようになる」と思いこんでいる人が多すぎるのです。

考えてみてほしいのですが、フィリピンに着いた瞬間から英語での生活が始まるわけです。
空港でも、タクシー乗り場でも、スーパーでも、もう日本語は通じません。

日本にいる間に英語の勉強はしておいてください。

英語初心者の方はこれやっておくと良いと思います。

 

私自身高校時代に短期留学をしたことがありましたが、事前学習をして行かなかったため、1か月英語圏にいても英語レベルに大きな変化は起こりませんでした。
 

 

それはそれで良い経験だったと未だに思っていますが、せっかく大金払って海外に行くわけだから、少しでも効果があった方が良いですよね。

ぜひぜひ日本にいる今のうちから英語の勉強は始めておいてくださいね。
 
 

++++++++++++++++++
 

色々書いてきましたが、参考になりましたでしょうか?

フィリピン留学を検討している方のお役に立てたならうれしいです。

 
 
失敗しないためのコツや、効果的に勉強するためのコツなど書いてきましたが、
迷っているなら思い切っていってみるというのも1つの手です。

思ったような効果が得られても得られなくても、その後のあなたの人生に良い影響を与える経験になるんじゃないかと思います。

人生一度だから迷ってるならやってみるべし。



 

 
★追記★
バイリンガールちかちゃんの旦那さんもフィリピン留学してたみたいですね。
動画がとても良いのでぜひ見てみてください。
 

 

 

CATEGORIES & TAGS

英会話, ,

Author:

初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。