英会話

【電話での英会話が苦手な方におすすめ】問い合わせ電話(クレーム電話)で英語上達!

2019年3月1日

こんにちは。
オリビアです。

英語圏に住んでいても電話での英語が苦手な方って多いと思います。
 
 
確かに対面での会話だと相手の表情が見えるので話しやすいですが、電話だと姿が見えないのでちょっと不安になりますよね。
でも、やはりある程度数をこなさなければ電話での英会話には慣れません。
 
とはいえ英会話に慣れるほど他人と電話で話すことってあまりないかもしれません。
 
 
そんなあなたには英語で問い合わせ電話やクレーム電話をすることで電話の英語に慣れることをオススメします。
「クレーム電話」というと印象悪いですよね・・・でも時にはクレーム入れなければならない状況もあったり・・。

 
 

問い合わせで電話英会話が上達するわけ


 
アメリカに住んでいる方はご存じだと思うのですが、各種サービスがいい加減すぎて問い合わせ電話(クレーム)をしなければならない事がよくあります。
 
こうやって書くと、それほど大変なことのように思えないかもしれませんが、アメリカでの問い合わせは一筋縄ではいかないことが多いのです。
でも、この「一筋縄ではいかぬ電話での問い合わせ」があなたの英語力を一段引き上げてくれるのです。
詳しく書いていきますね。
 
 
 
私自身が近場で体験したのは、

・来るはずの業者がいつまで待っても現れなかった
・オンラインで買い物をしたが、全く関係のないものが送られてきた
・暫くログインしていなかった銀行口座にオンラインでアクセスしようとしたのに出来なかった
 
この3つです。
 
 
 
 
約束を平気で破る業者に関してはなかなか電話に出ないのですが、困るのがオンラインショッピング。
違うものを送ってきたにも関わらず、電話をかけても自動音声案内(?)が応答し、なかなか担当者(生身の人間)と話すことができなかったり。(アメリカあるある)。
 
 
機械が電話をかけてきた相手に要件を言わせるのですが、これが結構曲者でこちらの言うことを理解してくれないことがあります。
私の英語がショボいのかと思ってネイティブスピーカーの友人にヘルプをお願いした時も結果は変わらず。
社員に繋がるまで10分以上かかることもありますが、社員が応答してからも試練は続きます。
 
 
なぜなら、一度で問題が解決することはあまりなく、次から次へとたらい回しにされることが多々あるからです。
その上、1人目に説明したことも、次の相手には伝わっておらず “How can I help you?”.
 
 
仕方ないのでまた初めから説明するわけですが、話し終わった後で電話口でこんな返答が。
「残念ながら、こちらの管轄ではありません。担当の部署につなぎますのでこのままお待ちください」
 
 
イヤイヤ、管轄じゃないとか言われても、お宅の社員があなたのところに電話をまわしたんだよ!!と言いたくなりますが致し方ありません。
 
 
そしてようやく管轄の部署に繋がったと思ったら“What can I do for you?”.
またまた最初から事情を説明しなければなりません。
 
 
下手すると、さらにまた部署が違うだの言われ、別の部署に電話を回されるも、次の部署では誰も出ずコールだけが暫く鳴り響いた後「ただいま近くにおりません。」の音声が流れて強制終了になることも!!!!!
 
 
 

AAAAAAAAAHHHHHHHHHHHH!!!!!!!!

 
 
 
 
信じられないかもしれませんが、本当の話です。
 
忙しい時にこういったトラブルに見舞われるとイライラしてしまったりもするのですが、こうやって何度も何度も違う相手に状況説明している内に、英語力が上がっているという事実。
複雑ですが、良しとしましょう。

 


 

繰り返しているうちに嫌でも慣れて来る英語での電話


 
上でお話ししたように、たらい回しにされた挙句、解決せぬまま強制終了になることも稀にあるわけですが、
ここで引き下がるわけにはいきません。
 
なぜなら何も解決していないからです。
 
 
そこで、翌日また電話をかけます。(メンタル強くなるはずだよ・・・)
 
 
同じように機械の音声案内と格闘したら、ようやくスタッフに繋がります。
 
運が良ければ前日とは全然違う人が応答し、全く違う対応をしてくれ、一瞬で解決したりも。
でもそうでなければまた同じようにたらい回しにされながら、何度も何度も同じことを説明してまわらなければなりません。
 
 
人によっては強いアクセントがあり、聞き取るのにも苦労することがありますが、どうにか聞き取って答えなければ問題解決に至らないのでこちらも必死です。
 
何度も聞き返したり、こちらも何度も説明したりしながら少しずつ電話英語に慣れていくというわけです。
 
 
 
余談ですが、テクニカルな分野の場合インドのオペレーターに繋がることが多いです。
彼らは英語を話しますが、アクセントが強い人が多いので、長時間話していると体力奪われます(-_-;)
 
でも、ややこしい内容を、なまり強めの人と話す度に自分の英語力もアップしているような気がします。
強い相手と戦い、瀕死状態にされる度に強くなっていく悟空みたいな感じでしょうか。
 
 
 

電話の問い合わせの機会がなければオンライン英会話がおすすめ


 
このように、必死の思いをしながら問合せ電話をしているとちょっとずつ英語の電話にも慣れては来ますが、
 
そんなハードなのは嫌だよ、もっとまったりゆるーく上達したいと言う方や、
そもそも日本在住だから英語で問い合わせする機会なんてないんですけ怒!!
というあなたには、オンライン英会話をおすすめします。
 
 



レアジョブはオンライン英会話の中でも評判が良いですね。
話している時に間違った表現などを使った場合でもきちんと訂正してくれます。
(話し言葉だから、とスルーしてしまう講師が多いオンライン英会話スクールもあるのですが)。

 
無料体験から始めて、色々な先生とたくさん会話すると上達するのでおすすめ。
 
 
 
 
 
 



初めての人にも優しく明るく対応してくれるのはhanasoですね。
スカイプでの会話に慣れていないから最初は優しくしてほしい~~という方はこちらがおすすめ。
 
 
 
 
********************************************
 
いきなり実践の問い合わせ電話でも、まったり始めるオンライン英会話でも話せば話すほど上達します。
とにかくいっぱい話して電話英語に慣れていってくださいね(*´∀`*)
 
 
 
会話中にイヤホンが引っかかるのが煩わしいので、最近はワイヤレスのものばかり使っています。
便利なのでぜひ使ってみてください。(^▽^)/ ストレスフリー★

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

英会話, ,

Author:

スポンサードリンク




初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク