アメリカ国内旅行

【ホワイトサンズ】アメリカの白い砂漠に行って来た!ニューメキシコへの絶景旅!

2019年4月9日

ここ数年、日本のメディアでも時々取り上げられるようになったホワイトサンズ。

2018年7月、ずーっと行きたいと思っていたホワイトサンズにようやく行って来たのでレポしたいと思います。

想像以上の絶景だったニャー!!一生のうち一度は行っておくべき場所!!

ホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントって何?なぜ白い?


 
ホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントとは、アメリカ合衆国ニューメキシコ州アラモゴードから南西25キロメートルに位置する、真っ白な砂丘地帯です。
 
標高は約1292メートルなんだとか。
北海道の空沼岳ぐらいの高さかな。
 
白い砂漠の面積は約710㎢

東京23区(621 ㎢)より広いんだって!!びっくり!


 
砂の色が白いのは、白亜質の石膏(せっこう)又は硫酸カルシウムから成っているからです。
 
 
 

日本からホワイトサンズへの行き方


 
日本からだとテキサス州のエルパソ(El Paso)に降りて、そこからレンタカーでホワイトサンズに行く人が多いようです。

エルパソからホワイトサンドまでは車で約1時間半ですのでそれほど遠くないですね。
 
ただ、エルパソはメキシコ国境を接している街ということもあり、治安が心配だという話を時々聞きます。
 
調べたところによると、エルパソの治安が特別悪いというわけではなさそうですが、念のため警戒は怠らないように気を付けてくださいね。
 
 
ちなみに私はロズウェルからレンタカーで行ったのですが、途中信じられないような豪雨に遭ってしまったこともあり、3時間かかりました。
ロズウェルはUFOやドラマ(ロズウェル星の恋人たち)などで有名な土地ですが、そういったものに興味がなければ、エルパソの方が便利かなと思います。
 
 

レンタカーでロズウェル出発!ルイドソで人生初の滝のような大雨!

 
*ホワイトサンズはロズウェル旅行の後に行きました。
 
ロズウェルを後にした後はホワイトサンズに向かいます。
 

 
最初は生まれて初めてみた逃げ水に驚いたり鹿飛び出し注意の標識にテンションが上がっていたのですが、ロズウェルの荒野を離れて山道に入ると疲れが出てきました。
 
 
 
しかしその後ルイドソ(Ruidoso)の辺りで突然雷が鳴り始め、やがてこれまでの人生で体験したことがないような滝のような雨に降られる羽目に!!
 
交通量の少ない荒野と違い、ルイドソ付近は車もたくさん走っているというのに、前が全く見えないほどの雨量でした。
 
ライトをつけ、ワイパーを最速にしましたが、それでもほぼ見えず・・・!!!
 
 
すぐ後ろから後続車が来ていたのは確認済みだったので止まれば追突されるだろうし、
そのまま見えない状態で走行を続けたら前の車に追突してしまうかもしれないし。
 
そもそもまっすぐ走行しているつもりでも実は斜めにズレて行っているかもしれないし、前の車がどこにいるかもわからない。
恐怖でしかありませんでした。
 
 
台風の中運転したことなどはあったのですが、あんなに一切の視界が遮られた状態での運転は生まれて初めてで、声も出ませんでした。
 
 
どれぐらい経ったかわかりませんが、突然イグアスの滝かと思うほどの雨量から、大雨だけど前が見えるレベルに!!!
 
 
どうやら前後の車も私と同じようなスピード(ノロノロ運転だけど止まってしまわないぐらいのレベル)で運転していたようで、
車間距離は近かったですが、追突には至らないスペースを保った状態でした。
 

どう考えてもあれは奇跡!!!


ニューヨークでも日本でもすんごい大雨は経験してきていますが、それでも前が見えないという状況になったことはありませんでした。
 
あんな大雨は生まれて初めてでした。
 
 

これはまだ豪雨に降られる前の写真。
 
「なんか天気悪くなってきたねー」なんて呑気に言っていたのですが、豪雨はその後突然やってきたのでした。
ああ、今思い出しても怖いです。
 
 

ヘトヘトになりながらアラモゴードのモーテル Magnuson Hotelへ

恐怖の豪雨のルイドソを通り抜け、アラモゴード方面へ約1時間。
 
ホワイトサンズ周辺には宿泊できそうな場所はなく、ほとんどの人がアラモゴード(Alamogordo)かラスクルーセス(Las Cruces)のホテルに宿泊します。
 
 
以前ロズウェルのドラマにどっぷりハマっていた私としては、ぜひともラスクルーセスに滞在したかったのですが、
今回の旅の出発がロズウェルからだったので距離的に考えてアラモゴードの方が近かったこともありそこに宿をとることにしたのでした。
 
 

 
地図上では「ホワイトサンズ」はラスクルーセスの周辺に記されていますが、これはホワイトサンズのミサイル実験場(Missaile Range)で皆さんが思っている場所とは異なります。
 
 
ちょっとややこしいのですが、目的地のホワイトサンズ・ナショナル・モニュメント(国定公園)はホローマンエアーフォースベースの近くにあり、アラモゴードからだと20分ぐらいで到着します。
 
★ナビは必ず“White Sands National Monument”を目的地に設定してくださいね。
 
 
ラスクルーセスはホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントよりもさらに南西に位置します。
エルパソから行くのであればラスクルーセスに宿泊するのもいいですね。
 
 
 

とにもかくにも、ヘトヘトになりながらも宿「Magnuson Hotel」に到着です。
 
 
 
 
 

 
部屋は2階でした。
明るく可愛いお部屋だったので30分ぐらい休んでからホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントに行くことに。
 
 

怖いと噂のホワイトサンズの検問所スタッフは親切だった


 
宿で少し仮眠を取ってからホワイトサンズに出発です。
20分で到着するということで、気持ち的にも楽。
 
窓からの景色が綺麗です。
 
 
 
そのうち、風景が白っぽくなってきました。
ホワイトサンズに入ったようです。
 
進んで行くと噂に聞いていた検問所が見えてきました。

 
「感じが悪い」
「態度が横柄」
「米国に住んでいるのに免許証だけじゃなくパスポートも提示するように言われた」

などなど、
決して良いとは言えない噂を聞いていたのでドキドキしましたが、私が訪れた時に検問所の中にいたお兄さんはとても親切でした。
 
 
最初の挨拶の段階からすごく感じの良い笑顔で始まったし、
私が日本のパスポートを手元に用意していたのを見て「日本語のパンフレットもありますよ」と手渡してくれました。
 
ちなみに念のため持って行ったパスポートは、確認したのかしてないのかとにかく速攻で返してくれました。

 

入場料10ドル(1人5ドル)を払った後は「良い時間を過ごしてね!」とにっこり。
普通にめちゃくちゃ感じよかったです。

最初、あまりに警戒しすぎて夫に「検問所の前で運転代わってよ」なんて言ってたのですが、そんな必要ゼロでした 笑
 
 
 

 
検問所を過ぎた後も、しばらく進みます。
 
そのうちに皆、思い思いの場所に車を止めていますが、どうせなら人が少ないところの方がのんびりできます。
私は人が少な目の場所に駐車しました。
 
 
 
 

こんな感じでめちゃくちゃ広いです。
圧巻!!
 
 
 



 
 

アメリカは大きい!これがホワイトサンズ!マクロレンズで撮ったホワイトサンズの砂も!


 
石膏(せっこう)でできているという真っ白い砂山を登っていくとこんな景色が広がっていました。
 
ただただ美しく、思わず歓声が上がります!!
 
 
 
 
 

風紋が美しい。
 
 
 
 
 

ホワイトサンズの砂をマクロレンズで撮ってみました。
こんな感じ。

旅行ではマクロレンズを使う機会があまりなかったので持って行ったことをちょっと後悔してましたが、ホワイトサンズの砂が撮れたのは良かったです!
 
 


 

ホワイトサンズでソリ遊びをしよう!

 
アラモゴードの宿泊先ではソリの貸し出しをしてくれるところが多いようです。

私たちの時は夫が受付に行った時にスタッフから「ホワイトサンズナショナルモニュメントに行くのであればソリはいかがですか?」と声をかけてもらったとのこと。
もしオファーがなくても、ソリの貸し出しサービスがあるかどうか聞いてみるといいかもしれません。

ソリ貸し出しは無料だったよ!

で、ソリ滑りは子供の頃以来だったのですが、めちゃくちゃ面白かったです。

真っ白な砂山から滑り降りるなんて生まれて初めての経験だったので何度も何度もしました。

砂山の上と下にカメラを設置して滑り下りているところを撮影したり、滑りながら撮影したりととにかく楽しめたのでホワイトサンズに行く時はぜひソリで遊んでみてください。

 
ちなみにホワイトサンズとソリ滑りはほぼセットのような感じかもしれません。
あっち見てもこっち見ても、大の大人が歓声をあげながらソリで遊んでました 笑
 
 

真夏でも熱くないホワイトサンズの砂

ホワイトサンズの砂は真夏でもひんやり冷たいです。
この日も気温は35度を超えていましたが裸足でもまったく熱くなく、むしろ快適でした。
 
これは石膏が太陽の熱さをすぐにエネルギーに変えないことが理由だそうです。
 
 
私はほとんどの時間を裸足で過ごしましたが、この砂漠にはトカゲを含む色々な生物が住んでいるそうなので、気になる方は靴着用をおすすめします。
 
 

私は平日に訪れたのですが、週末や休日は大勢の観光客が詰めかけるらしく、どこを見ても人だらけになったりするそうです。
 
静かに遊びたいあなたは平日を狙って行ってみてください!!
 
 
ただ、ドリンクは必ず持って行ってください。
すごく乾燥しているので特に夏場は危険です。
 
 

ペットボトルのドリンク数本は持って行くことをおすすめするよ!!

夕焼けが見られるか?!ホワイトサンズで夕方まで過ごす


 
燃えるような夕焼けを期待していたのですが、実際はやさしい色でした。
これはこれでとても満足!
 
 
 
 
 

 
写真ではわかりにくいのですが、夕日を浴びて白い砂が薄いピンクに染まっていてとてもきれかったです。
 
 
 
 
 
 

日が暮れてゆく・・・・。
 
 
 
 
 

 
望遠レンズで向こうに見える山を狙ってみました。
やはりニューメキシコ特有のごつごつした印象の山。とてもかっこよかったです。
 
 
 
結局私たちは暗くなるまでホワイトサンズで過ごしました。
 
とはいえ、ホワイトサンズに到着したのが夕方近かったので数時間ぐらいしか滞在していませんが。
本当に美しく最高の場所だったので次回は朝から訪れたいと思います。
 
 

White Sands National Monument(ホワイトサンズ)情報と注意点


 
 

★GPSを使用する時は”White Sands National Monument

上でも触れたように、ミサイル実験場(White Sands Missile Range)に間違って行かないように、
必ず「White Sands National Monument」に設定してください。
時々間違ってミサイル実験場に行ってしまう人がいるようです。
 
 
 
 

★開園・閉園時間は?

ホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントのゲート、ビジターセンターの開園・開店時間はシーズンによって異なるようです。
こちらの公式ホームページ、Operating Hours & Seasonsで確認を!!
 
 
 
 

★ホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントが開催しているツアー

ホワイトサンズではさまざまなツアーが用意されています。
無料のもの、有料のもの色々あるようですが、Sunset Strollという無料のミニツアーのようなものはとても人気があります。
参加してみてはいかがでしょうか?
 
各ツアー情報はこちら
 
 
 
 

★ミサイル実験時の注意点

上でも触れた通り、周辺にはホワイトサンズミサイル実験場があります。
 
ミサイル実験が行われる時にはホワイトサンズナショナルモニュメントへ入る道も閉鎖されるということなので、ご注意。
ホワイトサンズ・ナショナル・モニュメントの公式ウェブサイトのMonument Closuresを確認しておいてください。
 
 
 
 

★ホワイトサンズに行く時はドリンク、帽子、サングラスはお忘れなく

真夏でも砂漠の砂がひんやりしているため、喉の渇きを忘れそうになりますが確実に乾燥しています。
水分補給はこまめにしてください。
 
また、真夏の日差しは半端ないです。
サングラス、帽子があると安心です。

目が、目がぁぁぁぁああ!!!!


 
 

バイリンガールちかちゃんの本でも紹介されているホワイトサンズ

バイリンガールちかさんのYoutube動画をご覧になったことのある方もいるかもしれませんね。
私はホワイトサンズの回は10回ぐらい見ました。
 
動画だとホワイトサンズの雰囲気もよくわかると思います。

ぜひ見てみてくださいね(*´∀`*)

 

 

ホワイトサンズナショナルモニュメントのパンフレットは今でも宝物です!
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

アメリカ国内旅行, ,

Author:

スポンサードリンク



初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!