ブレイキング・バッドのグッズ購入inアルバカーキ(ポジョスTシャツやメスキャンディー)

※当サイトには広告が含まれます。

アメリカ国内旅行

 
こちらの記事は、海外ドラマの「ブレイキング・バッド」にハマってアルバカーキ旅行してしまった話②の続きです。
 

 
★前回までのあらすじ★
 
海外ドラマのBreaking Badにハマってしまった私は、計画していたニューメキシコ旅行の最後の訪問地として、アルバカーキを選択。

アラモゴードからアルバカーキへ向かう道中、日本でもニューヨークでも見ることのできない荒野の景色にうっとりしたりはしゃいだりと大忙しのロードトリップを楽しんでいた。
 
しかし、アルバカーキに入った瞬間、車線も交通量も一気に増えて戸惑う私たち。
その上GPSの誤案内で高速の出口を通り過ぎてしまい、ストレスフルな状態に。
 
それまでの和やかな雰囲気はどこへやら。
プチ喧嘩をしつつもどうにか宿泊予定のホテル、Hotel Albuquerque at Old Townへ到着。
 
一息ついたらブレイキングバッドのグッズを買いに、街へ繰り出すことに。
では出発~~!
 
 
Breaking Bad-Season 1 [Blu-ray] [Import]

アルバカーキの街歩きは楽しい!でも気温が高くて乾燥がすごい!



目的地であるお店「THE CANDY LADY」はホテルから徒歩7分とのことなので、歩いて行くことに。
 
ホテルを出ると、早速サボテンが迎えてくれました。
さすが、砂漠の街です。
サボテンを見るとドキドキしてくるのは私だけでしょうか?
 
 
ちなみにこの時の気温は37度湿度は20%弱
カラっとしているんだけど、日差しがとにかく暑いのです。 

暑いというより「熱い」という感じです。


アルバカーキの標高は5312フィート(1619メートルほど)ということなので、太陽に近い感じがします。ちなみに私が住んでいるニューヨークの標高は10メートルです。
 
 
高すぎる気温、乾いた土地、青い空に元気な植物・・・
そしてあまりの暑さに少々バテ気味の私たち。
 
 

でも道のわきに植えられている植物がいきいきしているので見ているだけで元気がもらえます。
てか、元気を分けて!!!
 
ニューヨークでは見ることのない植物に気分がどんどん上がってきます。
 
 
 
 
 

 
歩いているとやたら目立つお店発見!
メキシコ系のお店っぽいですね。
 
ニューメキシコ州はメキシコ国境に接していることが関係するのか、メキシコ系をはじめとする中南米系の住人が目立ちます。
不法移民などのさまざまな問題を抱えていると言いますが、このようなカラフルなお店は可愛いですよね。
先を急ぐので立ち寄りませんでしたが、冷やかしに行きたかったです!
 
 
 
 
 

このお花は何でしょうか?
もしご存じの方がいらっしゃったら教えてくださいー!
熱い砂漠地帯に似合いますね。
 
 
 
 
 

な・ん・ご・く!
 
 
 
 
 

 
サン・フェリペ。
アルバカーキにサン・フェリペ・デ・ネリ教会という有名な教会があるそうですが、それと関係あるのか。
 
フェリペというとスペイン語圏の男性の名前ですね。
 
 
 
 
 

 
アルバカーキには(サンタフェなどにも)こういった建築物がたくさんあります。
アドベ建築と言われるこの建物は、砂や砂質粘土と藁、または他の有機素材で構成された天然建材です。
英語では「アドービ」と発音します。
 
ここの気候風土に合っていて、とても素敵ですよね。
 
 
素敵な建築やスペイン語風の地名などを見ながら歩いていると、今回の目的地である “THE CANDY LADY”に到着です。
 

THE CANDY LADYでブレイキング・バッドのグッズ購入 in アルバカーキ


 
こちらの可愛い建物が、ブレイキング・バッドのアイテムを販売しているというキャンディ屋さんです。

この可愛い外観からは、
「ブレイキング・バッド」関連のものが置いてあるとは想像できないですよね

事前にこのお店のレビューを読んだ時、「Breaking Badの放送から年数が経っているが、未だに作品のファンが続々押し寄せている」みたいなことを書いていたので、どんな感じかな?と思っていたのですが、この日は平日だったこともあり空いていました。

というか、私たちが到着した時はお客さんは誰もいなかったです。
 
 
 

入り口付近の様子です。
なんだかアロエの黄色い鉢がオシャレですね。
 
 
 
店内に入るとキャンディやクッキー、チョコレートのいい香り。
 
陳列棚に色とりどりのキャンディやクッキーが並んでいたので、引き寄せられるように見ていて思わずギョッ。なんと下ネタキャンディが可愛い飴に混じって並んでいたのです。
 
レジのところにいた店主さんに下ネタキャンディに興味を示していると思われたくなくて、さり気なく移動する小心者の私 笑
 
 
「ブレイキング・バッド」Tシャツの方に歩いて行って見ていると、店主さんに声をかけられました。
 
 
店主「こんにちは、あなたたち何処から来たの?」

夫「こんにちは。ニューヨークからです。」

店主「え!めちゃ遠いね。ブレイキング・バッド好きなの?どのキャラクターが好き?」

私「私、ゴメスが好きです。」

夫「僕はスカイラーとトッドです。」(冗談です、夫はマイクが好きだと答えてました 笑)

店主「いいねー。で、ジェシーやウォルターは?」

こんな感じで会話が続きます。
 
 
途中で、Tシャツがほしかった私のパートナーのサイズの話になったので、私は他のところを見て回っていましたが、とても気さくな店長さんでした。
(いや、店長じゃなくてただの店員さんかもしれませんが。)
 
 
結局ガスのチキンのお店のロゴTシャツとステッカー、ブルーメスそっくりに作られたキャンディ、それからなぜかウォルターの免許証を購入
(ウォルターの免許証はパートナーが購入w なぜw)
 
 

こちらが、購入したブルーメスキャンディー。
リアルですよね。
帰りの空港で別室送りにされないかドキドキでしたもん 笑

ブルーメスキャンディは小袋と中袋、大袋と色んなサイズが売られていました。
我が家ではこういったキャンディは食べないのに、なぜか中袋を買っていた我がパートナー。
 
後で聞くと、最初は小袋購入の予定だったのだけど店主に「その小袋のメスは純度が低いよ。ウォルターのメスじゃなくて、ジェシーが作ったメスと同レベルだよ」と言われたらしく、中袋にしたんだとか 笑

商売上手!


 
さて、お目当ての品を購入した後はさらに街ブラをしましょう。
 




 

アルバカーキ オールドタウンのお土産物屋さんが素敵!!!!


 
なんて素敵な建物なんでしょう!
茶色に鮮やかなブルーってこんなに合うんですね。
 
 
 
 
 

街並みが素敵すぎて、写真ばかり撮っていました。
お土産屋さんが点在しているので入りやすそうなところはガンガン入って見て回りました。
 
 
 
 
 

 
サボテンにネイティブアメリカンのドリームキャッチャーにラグ。
節約旅行中なのに買い物好きの血が騒ぎます。
 
 
 
 
 

店内にはネイティブアメリカンの伝統織物がいっぱい!!!
色も柄も少しずつ異なっており、全部ほしくなってしまうほどです。
 
ブレイキング・バッドの作中でも(ウォルターの家とか)、度々ネイティブアメリカンの製品っぽいアイテムが映っていたので楽しみにしていたのですが、これは想像以上。
 
お値段もお手頃なものからそこそこ高価なものまで幅広く、選びやすかったです。
 
 
 
 
 

 
まな板です。
買うかどうか散々迷った挙句買わなかったのですが、、、買えば良かったと後悔しています。

ココペリ、ドリームキャッチャー、ニューメキシコ州の旗の柄などがついており、とっても可愛いかったのですがまな板なんて買ってしまうと荷物が重くなるかもと思い、今回は諦めてしまったのです。
 
小さめサイズのまな板だったので次回は買って果物専用で使う予定。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

時々メキシコ系のお土産エリアも。
治安面からメキシコに行くのは勇気がいりますが、ここではプチメキシコ旅行気分が味わえます。
 
独特のデザインと色使いがかわいいです。
こちらも荷物が重くなるという理由で購入は断念。泣
 
 
 
 
 

 
お店の入り口をご覧ください!
かっこいいネイティブアメリカンがどーーーーんと飾られています。
 
男前なので、旅の思い出に並んでツーショット写真を撮ってみてはいかがでしょうか?

ネイティブアメリカン人形の斜め後ろに、
ハイゼンベルグ(ウォルター)柄のTシャツが!笑

ほぼ同じの見つけました↓ 笑


 

 気を取り直して、散策スタート。
 

 
サボテンがとてもカッコイイです。
映えスポットらしく、若い女の子がたくさん写真を撮っていました(^▽^)/
 
 
 
 
 

 
この暑さ、伝わるでしょうか。
トウガラシと青空。
 
楽しすぎて歩き回ってましたが、実際はめちゃめちゃ暑かったです。
日焼け止めは塗っていたものの、じりじりと肌が焼けている感がすごかった・・・!
 
 
 
 
 

もしかして、意外に人通りが少なかったのはこの暑さのせいかもしれません。
車はたくさん通っていましたが、徒歩の人は極端に少なかったです。
 
 
 
 
 

歩いていたら緑がきれいな公園を発見したのでちょっと一休みすることにしました。
 
バルーンを持ったドレス姿の女子や、カウボーイハットのおじさま、後は私たちのような旅行者っぽい人たちがいました。
やはり木陰は人気です。
 
 
アルバカーキって治安が悪いイメージがあったのでちょっと警戒していたのですが、実際来てみると、交通マナーもいいし、変なニオイ(違法の葉とかね。。。)もしないし、路上のごみの量も明らかに少ないし、拍子抜け。

Breaking Badのスキニーピートやジェシーみたいな人がまあまあいるのかと思っていたのに、イメージとのギャップにビックリしました。
 
とはいえ私たちがブラブラしたのはオールドタウンのごく一部のみなので(しかも夕方)、日常や夜間の様子などはわからないんですけどね。
 
 
 
 
 

こんな姿になってしまっている自転車はニューヨーク同様、ここでも発見。;つД`)
 
 
 
 
 

サルスベリの花があちこちで咲き乱れていて、見事でした。
美しい!
 
 
あまりに暑いので、Walgreensで経口補水液や氷を購入してホテルにもどることに。
 
 
途中でショッピングモール付近の “Teriyaki Chicken Bowl”で持ち帰りのお弁当をゲット。
 
注文してからしばらく待たなければいけないと思い、店内の椅子に荷物を置いたら、その瞬間に「ハイ、準備できましたよ」と店員さんから声がかかりました。
注文してから受け取りまで1分かかりませんでした 笑
 
 
 
 

 
ホテルに戻ったら即いただきます!!
 
気が付けば、朝アラモゴードのモーテルで朝食をとって以来の食事。
それ以降4時間以上運転していたし、その上アルバカーキホテルに着いてすぐ外出したし。
 
お腹がペコペコです。
 
 
 
照り焼きチキンとはいえ、日本人が想像するものとは多少違いましたが美味しかったです。
 
 
 
 
 
 

暗くなっていくアルバカーキの街を眺めながら食事と会話を楽しむ・・・なんて幸せなんでしょう。
 
 
本当に幸せなひととき。

 

ブレイキングバッドのグッズ!ポジョスTシャツにメスキャンディー!ウォルター免許証等


これ。アルバカーキで購入したものの一部です。
おっと。ウォルターの免許証が見えませんね。
 
 
 

はい、アップで撮ってみました。
ホント、なんでこんなもの買ってしまったのか 笑


 
 
 

日が沈む・・・・。
 
 
 
 
 

この日は真っ暗になるまで窓辺で語り続けたのでした。
(深夜にベター・コール・ソウルを見たりしてとても楽しかったです)

この後は、なんとウォルターとジェシーが初めて一緒にメスを作ったあの荒野へ。

続編はこちらです↓↓

THE CANDY LADYとTERIYAKI CHICKEN BOWLの場所

 THE CANDY LADY
住所:424 San Felipe St NW, Albuquerque, NM 87104 アメリカ合衆国
電話:+1 505-243-6239
HP:THE CANDY LADY.COM

営業時間:月~土 10:00AM-6:00PM
   日 10:00AM-5:00PM
 


 
 
*****************************************************************************************
 

TERIYAKI CHICKEN BOWL
住所:2129 Central Ave NW, Albuquerque, NM 87104 アメリカ合衆国
電話: +1 505-242-3237

営業時間:月~土 11:00AM-20:00PM
定休日:日曜日


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました