英語全般

【忙しいあなたに】隙間時間を上手に使った英語学習がオススメ

2018年10月28日




 

大人になると忙しすぎて英語学習のための時間を取れなくなる人が多くなると思いますが、隙間時間はどのように過ごしていますか?

 

少し話が脱線しますが、私は英語を真面目に勉強し始めてから時間の使い方が上手になりました。

以前の私は(特に学生の頃は)時間を無駄にするのが大得意で、何をするのも時計を見て決めていました。

 

時計を見た時間が11時40分であれば「12時になったら〇〇始めよう」

それが15時20分であれば「15時半になったら」

18時半であれば「19時になったら!!」、とキリの良い時間を決めてそれまでは必ずダラダラ過ごすのです。

ひどい時は自分で決めた時間になっても「んんーーやっぱり後15分したら始めよう」とさらに時間を引き延ばす始末・・・・。

こんな具合の典型的な怠け者でした。

 

ところが。

 

大人になって忙しくなってから時間を作るのが少しだけ上手になりました。

仕事や色々な付き合い、家族との時間など、忙しい大人は意識して隙間時間を有効に使わなければ英語の勉強に充てる時間が確保できないからです。

今日は私が隙間時間を使ってどんな英語学習をしているか書いてみたいと思います。

 

隙間時間でシャドーイングをする

 

5分でも10分でもいいので、少しまとまった時間があればシャドーイングをするようにしています。

シャドーイングは何度か記事で書いた通り、英語の音声を聞きながら、影のように後をついて同じように発音していく学習法です。

 

私は、世界で起こっていることを知っておくためにも英語のニュース番組でシャドーイングをすることが多いですが、これがかなり充実した時間なのです。

ネイティブの英語を聞きながらリスニングを鍛え、同じように発音していくことでスピーキングも上達、その上世界情勢にまで詳しくなれるなんて一石二鳥どころではありません。

 

家で一人でいる時に、隙間時間を見つけてはトータルで40分や45分はシャドーイングに充てるように心がけています。

 

公共交通機関で移動中は読書やニュースサイト閲覧の時間

最近の移動のお供はKazuo IshiguroさんのNever Let Me Go

 

バスや地下鉄に乗る時は意識的に洋書を数冊持ち歩くようにしています。

ニューヨークで暮らしているとバスや地下鉄内でぐーすか寝るわけにはいかないので、移動はもっぱら読書のための時間です。これは英語の活字に触れる貴重な時間でもあるのです。

 

洋書は読めば読むほど英語力が上がると言われています。

 

実際、洋書を読み始めて語彙力も増えましたしネイティブらしい言い回しも自然に使えるようになりました。そして英文を読むのに慣れたというのは大きな進歩です。

 

でも、日によっては本の内容がすんなり頭に入って来ない時もあります。字面だけを追っているだけというか・・・。そんな時は読書は諦めてスマホのニュースサイトを開きます。

アメリカ国内のニュースはもちろん、ライフスタイルやテクノロジーなど、好きなジャンルの記事を読んで気分を上げます。

 

わざわざ自宅でリーディングのために時間を作るのは難しかったりしますがこのように隙間時間を利用すると知識も増え、英語力もアップし、良いことだらけです。

ニュースサイトなどは1記事がそれほど長くないものもたくさんありますので、移動中の隙間時間にもサクサクと読めて便利です。

 

家事の時間はリスニングに最適

 

庭の草抜きをしている時や床の拭き掃除中、それから冷蔵庫内の整理整頓をしている時間、私はリスニング強化のために英語の音声を聞くようにしています。

掃除機をかけたり食洗器がゴンゴンと音を立てている時はリスニングには向かないのですが、そうでなければ英語のリスニングと家事を同時にするのはとても効率的です。

リスニングをしつつも効率を考えながら家事をするーーーこれは慣れるまでは難しいかもしれません。リスニングに集中してしまうと家事が疎かになってしまったり、家事を一生懸命やっているとリスニングが全然頭に入らなかったり。

 

でも、これも慣れです!

 

慣れると英語のニュースや番組を聞きながら効率的に家事ができるようになるんです。調理しながら、その後の段取りを考え、リスニングにも耳を傾ける・・・というようなことが可能になります。

 

包丁で何かを刻んでいる時や揚げ物など高温のものを扱っている時などは調理だけに集中した方が良いですが、危険を伴わない程度の作業であればリスニングを並行してできるようになります。

 

最初は単調な作業中(洗濯物を畳んでいる時や床の拭き掃除など)から始めると良いでしょう。

 

時間がない大人も隙間時間を利用すると英語学習の時間が確保できる

 

「隙間時間で英語が上達するのか?」「いや無理だろ」という議論はよくされていますが、私の意見としては隙間時間のみで飛躍的な英語力アップは難しいというのが結論です。

ですが、なにかと忙しいこの時代、隙間時間をうまく使わなければ英語に費やす時間が捻出できないというのが実際のところです。

 

私自身、隙間時間を利用して英語に触れるようになってから英語がさらに身近なものになりましたし、英語を聞くのも話すのも読むのも、日常生活の一部になりました。もちろん英語力もアップしました。

 

ニューヨーク在住なんだから日常的に英語と接していて当たり前だろ!というツッコミが聞こえてきそうな気がしますが、英語圏で住んでいても意識的に英語と触れるようにしなければそうそう上達はしません。(英語がほとんど話せない状態で何十年もニューヨークに住んでいる人だっています。)

 

学校に通ったり、英語スピーカーと仕事をしたりする環境にいなければ、簡単なトラベル英語のみで日常乗り切ることが可能ですので、アメリカに住んでいても積極的に英語に触れることがとても大事です。

 

話が脱線しましたが、隙間時間のみで英語が飛躍的に上達するかというとそれは難しいと思いますが、日常的に英語学習の時間を取った上で隙間時間も利用して英語に接する機会を作ることができれば確実に上達のスピードは速まります。

というか、逆に言えば隙間時間を利用しなければ、忙しい大人にはなかなか英語が上達するだけの時間を作るのは難しいかもしれません。英語学習のための時間がなかなか取れない!という方はせめて隙間時間だけでも英語に充ててみてください。

 

移動中や家事の途中、ちょっとした空き時間だと英語学習も苦になりません。ぜひ今日から隙間時間を使って英語力アップを目指しましょう!



 隙間時間を使ってオンライン英会話もオススメです!

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

英語全般, , ,

Author:

スポンサードリンク




初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク