英語全般

【英会話に役立つ!】効果的な英単語の覚え方

2018年10月25日

あなたはどうやって英単語を覚えていますか?
 
学生時代、試験前になるとひたすら英単語と意味だけ覚えていった経験のある人は多いと思います。
私もその一人でした。

でもこれは「試験のための作業」だったので一時的には記憶していても、数週間、数か月もしてしまうとどんどん忘れていきました。

 

そんな中学時代から数年後、私は忘れにくい上に英会話にも役立つ英単語の覚え方を身につけていました。

英語好きの人と話すと、「私も同じ単語の覚え方をしているよ!」という人が結構いますので決して珍しい方法ではないと思うのですが、せっかくなのでシェアしたいと思います。



単語だけでなく、例文も一緒に覚えてしまう


 
例えば “superficial” という単語を覚えたいとします。

これは「表面の」「外面の」「うわべだけの」「見せかけの」という意味なのですが、ついでに辞書で例文も探します。

 

superficial attempt 形だけの試み

superficial area 表面積

superficial wound 外傷

Your views are superficial 君は物事の皮相だけを見ている

 

幾つかの辞書から、分かりやすい例文をいくつかピックアップしました。

これらの、日常で使えそうな例を、単語と意味とともにノートにメモをして覚えます。

 

 

では次は、 “bankrupt”という言葉をみていきましょう。

こちらは「破産者」「破産させる」「倒産する」などという意味です。

こちらも先と同じように辞書でわかりやすい例文を見つけます。

 

bankrupt the world’s economy 世界の経済を破綻させる

go bankrupt 破産する

That company went bankrupt. あの会社は潰れた

 

 

なぜ、単語だけでなく例文まで覚えるかというと、

英単語を覚えただけでは実際の会話できちんとした文章が作れないからです。

 

 

例えば、外国人の友人との会話の中で、先月つぶれたスーパーマーケットについて聞かれたとします。

その時にbankruptという単語しか知らず、倒産する (go bankrupt)という表現が出てこない場合、

” That supermarket….えーと, bankrupt…..last month.”

ぐらいしか言えなかったりします。

 

もちろんそこまで言えば相手の人も「ああ、先月つぶれたんだな」と理解はしてくれると思いますが、今後のためにも会話で使える例文を頭の引き出しに入れておきましょう。

どうせ覚えるなら、単語と意味だけではなく、例文も。

これをやっておくだけで随分今後が楽になります。

 

 

覚え方のコツは想像力と反復練習

そして、肝心の覚え方のコツですがズバリ反復練習と想像力です。

まず、メモをした例文を各文3回は口に出して読んでください。

この時、できるだけ英語らしい読み方をすると効果的です。

 

そして、ここからが大事です。

今回練習している単語を外国人の友人との会話で使っているところを想像しながら、スムーズに言えるようになるまで練習してください。

例文をそのまま妄想会話に使っても良いのですが、私は余裕があるときは自分で短文を作ってみることにしています。

 

That book store went bankrupt last week.

What was the main reason that the department store went bankrupt?

Don’t look at the superficial success.

He is very superficial person.

 

このような感じで何パターンかずつ文章を作ってみて、実際の会話でこの単語を使う日に備えます。(一度でもいいから、このように自分で文章を作ってみると自信がつきます。)

ここまでやると、流石に単語や意味のド忘れはかなり減ります。

 

効果的な英単語の覚え方のまとめ


 
英語の本を読んでいる時や、テレビや映画のシーン、友人との会話の中で知らない英単語(でも時々聞くので頻出単語っぽい)に出会うと軽くメモをし、時間があるときに今日ご紹介した方法で覚えるようにしています。

英単語とその意味をメモする程度だと実際の会話での使い方もイマイチわからないまま時間の経過とともにどんどん曖昧になり、いつしか忘却の彼方へ消え去ってしまいます。

 

でも、このように何度も何度も反復練習し、使用例文を頭に叩き込み、オリジナルの短文まで作るとさすがにしっかりと脳に定着するようです。

私はこの方法で英単語を覚えるようになり、ど忘れする確率が物凄く減りました。

 

さらに忘れないようにするには、覚えた単語を早い段階で使ってみることです。外国人との英会話で使うのが手っ取り早い方法ではありますが、外国人の知り合いがいないという方もいますよね。

そんなときは、独り言で構わないので時々その英単語を使って簡単な文章を作り、つぶやいてみてください。

馬鹿馬鹿しく思えるかもしれませんが、実際に口に出して使っていると完全に忘れ去ってしまう可能性は極めて低くなります。

 

学校のテストのため、TOEICの試験のため、英会話上達のため、留学のためなど、英単語を覚える理由はたくさんあると思いますが、せっかく覚えるなら効果的に記憶しましょう。

正直、1単語覚えるのに時間かけすぎだろ!と自分でも思うことがありますが、忘れっぽい私にはこの方法が一番合うみたいです。

 
英単語を覚えたいのになかなか覚えられない、覚えても会話の際にうまく使えないという方はぜひ試してみてくださいね。
 
 
アウトプットにオンライン英会話もおすすめ。



 
 

おすすめ英語フレーズ集

 
私の英語が上達するきっかけとなった本です。
 
ただのフレーズ集と侮るなかれ。
 
繰り返し使うと驚くほどの効果を発揮します。

気になる方は過去記事へどうぞ→言いたいことが言えないあなたにオススメ練習本

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

英語全般, , ,

Author:

スポンサードリンク




初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク