文化(アメリカ・NYC)

日本人は海外で謝りすぎ&ペコペコしすぎかもしれない件|アメリカ生活で気付いた日本特有の文化

2019年2月2日

「日本人は海外で謝りすぎ&ペコペコしすぎかも」。

日本人としては「ペコペコって何よ!」とムッとしてしまう文章かもしれませんが、誤解のないように言わせてください。

私は日本人の謙虚さもお辞儀の文化も大好きです
 
だから日本の文化を否定しているわけでは全くありません。
 

ただ、海外で住んでいると、感覚が随分変わって来ました。
今では、海外では無駄にペコペコする必要はないな、と思っています。

ザ・日本人の自分の意識がどこで変わっていったのか・・・今回はそれについて書いてみようと思います。
 

日本人は海外でペコペコしすぎなの?文化習慣の違いに気付いたきっかけ


 
ニューヨークに住み始めて間もない頃のことです。
 
ある日米国人の友人と横断歩道を渡っていたら、曲がって来た車が横断歩道に突っ込んで来かけました。

私たちは反射的に止まったのですが、車もギリギリのところで止まり「行け」と手で合図します。
 
私は危ないなーと思ったものの一応停まってくれたわけだし、「ありがとう、お先に」というつもりで軽く会釈して早足で横断歩道を渡りました。
 
 
すると友人に言われました。

「ああいう場面では会釈とか必要ないよ。
ニューヨークの人は日本文化なんて殆ど知らないし、気持ちに余裕がない人が多いから『そんな余計なことしなくていいからさっさと渡れ』って思う人もいるし。
ここではニコッとして渡るだけでいいと思うよ」と。
 
正直「エーーー?」って思いました。
 
別に立ち止まって深々お辞儀をしたわけではなく、歩きながらちょっと頭を下げただけなのに。

道を譲ってくれた(?)お礼の軽い会釈が「余計な事」ととられることがあるわけ?!


 
ニューヨーク市の人口は862万人超で、世界中から色んな人が集まっている人種のるつぼ。
いろんな文化が持ち込まれているわけだから、会釈ぐらいいいのでは?と思った出来事でした。
 
 
 

これはお辞儀ではなくお腹が痛いだけ!

 
 

海外でも無意識のうちに謝りペコペコする日本人

横断歩道の時の軽い会釈は、謝ったわけでもペコペコしているわけでもありませんでした。(私にとっては)
でも、海外の人にとってはその辺の区別はつかないようで・・・。
 

日本人がよく使う「すみません」という言葉も同じです

日本では他人に声をかけるときも「すみません!」、上司に怒られても「すみません」。

“I’m sorry”の意味でも、”Excuse me”の意味でも使える、「すみません」という便利な言葉は多くの日本人が多用していますよね。(私も含め)

日本人だとその「すみません」がどちらの意味合いなのかは理解できますが、外国人にとっては「???」な場合も多いんだとか。
 

そしてこのクセが染みついているからか、海外でもついお辞儀ペコペコ、その上”Excuse me”と”Sorry”のどちらが適切かわからないため全て「ソーリー」で通す日本人が多いため、よけいに外国人には「日本人はすぐ謝る、ペコペコする」と見られるようで。
 
 
例えば、
観光中の日本人、店員とのコミュニケーションがうまく取れない時に「英語苦手で・・・I’m sorry」
 
飛行機で窓側の席の人がお手洗いに行く際、「Sorry, 通してもらえますか?」
 
道を教えてもらって「サンキュー、ソーリー!」
 
お店の入り口等で前の人がドアを開けて待ってくれている時に「Sorry, sorry」・・・
 
 

これら全部、Sorryという言葉を使う必要はないんだよ


 
日本人にとって英語は外国語なので不得意でも仕方がないです。謝る必要は全くありません。
 
飛行機の中でのシチュエーションは”Excuse me”、道を教えてもらった時は “Thank you very much”で大丈夫です。
 

I’m sorryという言葉は日本語の「ちょっとすみません」というニュアンスではなく謝罪の「ごめんなさい」なので、こういうシチュエーションでは “Excuse me”がふさわしいです。
 

ただ、寝ている人を叩き起こす時や、誰が見ても忙しそうな人に道を尋ねる時など、明らかに迷惑をかけるときは”I’m sorry to bother you”(お忙しいところすみません、お邪魔してすみません)と言いましょう。
 
 
また、前の人がドアを開けて待ってくれているときは「ソーリー」ではなく笑顔で”Thank you!”と言うとOKです。
 
 
日ごろから軽い謝罪の時もただの声掛けの時もすべて「すみません」で済ませている日本人にとっては使い分けがややこしいかもしれませんが、

お詫びの言葉を述べたい場合=I’m sorry
軽めのニュアンスで「ちょっと失礼」「失礼します」=Excuse me

と覚えておくとわかりやすいかもしれません。
(厳密には例外も色々あるのですが、初めのうちはこの覚え方で問題ないと思います)
 

 
日本人の場合は他人に何かしてもらった時も「すみません、ありがとう」という言葉を使うことがありますが、これは相手の時間や手間を取らせてしまったことへの配慮ですよね。

でも、アメリカではこういうのも当たり前ではありません。
 
 

よく謝る日本人とは真逆!アメリカ人は無駄に謝ることはない


 
紳士で礼儀正しい人もいるけれど、基本的にアメリカ人は過度にへりくだったり謝ったりすることはありません。
 
 
友人同士でも同様です。

待ち合わせ当日に突如時間変更を申し出られた時、必死でスケジュール調整して対応しても「サンキュー」でおわりの場合が多いです。
相手も、「変更してもらってごめんね」という言い方はほとんどしません。
 
 
日本人は自分の都合で相手に迷惑をかけたりすると相手のことを思って「ごめんなさい」という言葉がスルリと出てきますが、
アメリカでは「相手もその時間で問題がなかったわけだから変更に応じることができたんだろう=問題無し」と考える人が多いようです。
 
それは文化の違いなので別に構いません。
が、謝るべきであろうシチュエーションでも謝らないのが彼らです。
 
 
ある日、飛行機に乗った時に、私の近くの席に外国人男性が座っていました。
まだ乗客が搭乗している段階のことです。

窓側席の外国人男性は、自分の荷物を通路側の席に置いて、スマホをいじっていました。
 

後からやって来たのは日本人女性。
どうやら例の外国人男性が荷物を置いていたところが女性の座るシートの様子。
 

しかし男性は、荷物をどけることなくスマホを触っています。

すると女性が遠慮がちに声をかけました。”Sorry…”。
 
外国人男性はちらりと女性を見て、何も言わず荷物を自分の足元にドサッと置きました。
 
 
謝るべき外国人が無言で、謝る必要のない日本人が謝っているという謎シチュエーション・・・・。

「謝るべきは、勝手に荷物を置いていたあんただ!」とモヤモヤしてしまいました。
 

 
渡米当初は「私は日本人。軽い会釈ぐらい大丈夫でしょ(むしろ日本人らしくてよろしい)」と思っていた私でしたが、アメリカで色々な経験をしているうちに、考えが変わってきました。
 

日本人が謝ったりペコペコしたりすることによる弊害?


 
私は、ニューヨークに住むまで、アメリカ人はある程度日本人のことを知っていると思い込んでいました
極東の小国とはいえ、かつては経済も勢いがあったし・・・。
 
ところが、実際はそうでもありませんでした
 
 
中には日本に旅行したことがあったり、日本人の友人がいたり、車メーカーやアニメ、ゲームなどで日本のことを知っている人もいますが、全体的に見ると決して多くはありません
 

 
そんな中で日本の美徳である「謙虚さ」や「空気を読む」、「お辞儀の文化」等が当たり前に受け入れられるかというとそうとは限りません。
 

それどころか、日本人が当たり前にしているお辞儀や軽い謝罪などは、アメリカでは時に弊害になることも知りました。
 

つまり、なめられる

まず、日本人がお辞儀している姿を「バカみたい」と思っている人は一定数います・・・汗

職場などでも嫌なことは嫌だとはっきり言わないと「日本人は指示したらヘコヘコしながら何でも言うこときくから」と日本人の性質を知った上でこちらを利用して来る人だっています。
 
 
渡米間もない日本人や観光客が日本人的感覚で会釈やお辞儀をしている姿に関しても、
「美しい文化だな」と感じてくれる外国人がいる一方で、「なんでコイツらはいつもペコペコしてるんだ」
 
相手に不快感を与えないためにニコニコしている心遣いさえも、
「おもしろい話をしているわけでもないのに、なぜニヤついているんだ」と思う人がいるんだとか。
 

また、仕事上の行き違いなどの際、日本人的感覚で「すみません」と謝ったりすると、「あっちが謝ってるんだからこちらに非はない。向こうが100%悪いってことでいいんじゃない?」と日本人側が全面的に悪いことになってしまったり。

 
アメリカに引っ越して以来、そういったことを見聞きするようになり、「お辞儀の文化も空気を読む性質も世界共通のものではないので、わざわざここでする必要はないかも。というかむしろやらない方がいいのかも」と思うようになりました。
 

何せ両手を体の前で重ねているだけで「自信がなさそうな人」というイメージを持つお国柄。
過去にそのことについて記事を書いています↓
日本では当たり前のあんなことやこんなこと、アメリカではこう見られているの?
 
 
ちなみにこの姿勢ね↓ ↓

 
 
日本人の素晴らしい文化が伝わるどころか、「日本人はノーと言わないから滅茶苦茶な要求をしても文句も言わずに従う」「いつもペコペコ、ニヤニヤしている」と、むしろ誤解を与える可能性があるのであればその部分を敢えて見せる必要はないのかもしれない、と思うようになりました。

 
わざわざ海外でお辞儀をしなくても日本人の謙虚で礼儀正しい部分は伝わるだろうし、空気を読む文化がないところで敢えて過度に読む必要もないだろうし。
 
 
日本人はついついいつもの癖で海外でも謝りすぎる傾向がありますので、、”Sorry”を言う場合は本当に言う必要があるのか考えてから口に出すようにすると良いのかな、と思います。
なめられるのは嫌ですからね。
 
 

日本人は海外で謝りすぎ&ペコペコしすぎかもしれない話!まとめ


 

今回は「日本人が海外でお辞儀と”I’m sorry”を多用しすぎかもしれない」ということについて書いてみました。
 
謙虚さや腰の低さが評価される日本の文化と、堂々としていることが好ましいとされるアメリカ。
善し悪しの問題ではなく、文化の違いですね。
 
私は、日本文化が大好きですが(日本にいる時はペコペコ会釈しますし「すみません」もよく使います)、アメリカ生活ではお辞儀をしなくなりました。

TPOによって使い分けてる


日本文化大好きなアメリカ人が、自国ではとてもカジュアルだけど日本に来るとすごくポライトになるみたいな感じでしょうか。

彼らも使い分けているみたいです 笑
 

スポンサードリンク



スポンサードリンク



CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC),

Author:


アメリカ在住のオリビアです。
砂漠と海とバチャータが大好きな変わり者。
多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。

詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!

スポンサードリンク



スポンサードリンク