英会話

【英会話】言いたいことが言えないあなたにオススメの練習本

 


CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 

日常会話レベルなのに、英会話になると言いたいことが全然言えない・・・!!

英語になるだけで言葉が出てこない!!

そんな悔しい思いをしている英語学習者の皆さんにオススメしたい一冊があります。

 

上に載せた黄色い英語のテキストブック、スティーブ・ソレイシィさんの著書「英会話なるほどフレーズ100」です。

この本を買った当時は本当ーーーーーに言いたいことが何も出てこないという悲しい状態だったのですが、この本で練習して見違えるほど英会話力がつきました。

 

今日は、この本を買う前の私の英語力と、購入後数か月勉強してからの上達具合について書いてみたいと思います。

そういえば昔、「言いたいことも言えないこんな世の中は~~♪」って曲がありましたよね。

ってどうでもいいかw でも言いたいことが言えないのはポイズンたまるね。

 

日本語が全くできないカナダ人と会話するために

私がイギリスにホームステイしたことは過去の記事で何度か書きましたが、それ以前に一度カナダのモントリオールにて3週間の英語研修に参加したことがあります。

私が高校生の頃の話です。

毎日現地の学校内にある語学学校のようなところで英語やカナダの歴史の勉強し、午後は課外授業なども受けていました。そしてお昼は学校内のカフェテリアで現地の学生と共に食べていました。

そこで、7~8人のカナダ人の友達ができました。

彼らは日本語が一切話せず、コミュニケーションの手段は英語のみ。

 

ただ、当時の私の英語力は壊滅的でした。

 

彼らの英語は全然聞き取れないし、私も言いたい事が全然言えない、そんなレベルだったのです。私の当時の英語力はカタコト以下だったと思います。

(最寄りのドーナツ屋で会おうと言われ、”How….how far…..えっと…ドーナッツ…うーーん”みたいな感じでした 汗)

 

そんな状態でどうやって意思疎通を図っていたか未だに謎ですが、私たちはよく一緒に遊んでいました。

学校が終わるとカフェでトークしたり、学校のピアノを弾いたり、みんなで映画を観に行ったり、休みの日はBBQやドライブ、それから友達がやっているブレイクダンスを見に行ったりもしました。本当に本当に楽しかったです。

 

残念ながらこの英語研修中はほとんど英語の上達は見られなかったのですが、帰国後ちゃんと彼らと意思疎通ができるようになりたいと思い、勉強することに。

 

本屋に行って色々見た中で一番良さそうだったのがコレでした。


CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 

「ネイティブなら子供のときに身につける・・・」というキャッチコピー、なんとも魅力的ですよね 笑

 

 

英語だと何も言えない、聞き取れない状態からの脱出

早速勉強だ!と思い本を読んでみると、とにかく内容が濃くて驚きました。

ただのフレーズ集とは全く違い、日常的に使うがなかなか口をついて出てこない表現がわんさか載っていたのです。(よくあるフレーズ集だと、全く同じシチュエーションに出くわすことがあまりないですよね・・・)

 

この本の場合はネイティブなら子供のときに身につけるというキャッチコピーの通り、英語圏の子供なら毎日のように使っているだろうが我々日本人は大人でも知らないであろう英語表現が満載で「これをやれば絶対言いたいことが言えるようになる!」と興奮したのを覚えています。

 

また解説が多く、普通のフレーズ集では解消されないような疑問についてあっさり簡潔に、そしてとてもわかりやすく説明されているのが良かったです。

 

それから、応用表現も色々載っていました。1つの表現を覚えたら、言える事が3つ4つ増えるというのはモチベーション維持という意味でも効果がありましたし、実際これをやっている間はモチベーションの低下は一切感じませんでした。

毎日このテキストをするのが楽しみで、目覚めまで良かったほどです 笑

 

学校に行く前にCDを聞きながら一緒に発音して、その日のうちに朝覚えた表現を心の中で何度も繰り返し、1日が終わるまでにはそのフレーズを自分のものにする、そういう作業をしていました。

CDで何度も練習していると、ネイティブの話し方にも慣れてきているのに気づきました。

 

そして約1か月後、気がつけば色んな日常の英語表現が私の引き出しの中に入っていたのです。

 

 

子供が言葉を覚えていく過程と同じ、効果絶大の反復練習

CDで聞き、目でテキストを追い、自分でも発音してみる。本に掲載されている応用表現だけでなく、単語やシチュエーションを変えて自分でも文章を作ってみる・・・そんな素敵な毎日。

 

高校の英語の授業そっちのけで、本当に毎日毎日こればかりを繰り返していました。その甲斐あってこれまではどれだけ考えても出てこなかった表現が、するりと口をついて出て来るようになってきました。

 

それどころか、カナダでできた友人とのメールのやりとりも随分スムーズにできるように。

それまでは書きたいことの全てを辞書や教科書で調べながら何時間もかけてやっていたのが、表現をたくさん覚えたことでもっと自然にもっと自由に書けるようになりましたし、時間も1時間ぐらいで書き終わるようになりました。(それでも長い 笑)

 

また、カナダの友人からのメールで「英語すごく勉強してるでしょ?後数年もしたら僕たちと同じように話せるようになってると思うよ」と言われ、すごく嬉しかったです。

正直私自身も「嘘みたいに英語表現が身について来た!」と自覚していたからです。

 

 

この本で学んだ表現は、今のアメリカ生活にも役立っている

この参考書をボロボロになるまで使った高校時代から10年以上経ち、今私はアメリカに住んでいますが、あの時に学んだ表現は当たり前のように日常生活で使用しています。

本に載っていた例文そのまま使うことも多く、やはりあれが基礎になったんだと思っています。

正直に言うと、暫くの間この参考書の存在は忘れていたのですが、日本の実家に帰った時に本棚の中に見つけて懐かしさのあまり思わず夢中になって読んでしまったことがあります。

 

発行年月日は随分昔ですが、どの表現も今現在普通に使っているものばかりで良い参考書に巡り合えたんだなあと改めて思いました。今でも十分に使えます!!!

(当時買った別の若者言葉の英会話本などは、今は全く使えないぐらいに死語ばかりでした(-_-;))

 

もし、今英会話を勉強しようと思っているけれど、思ったように言葉が出ない、言いたいことが言えないと悩んでいる方がいらっしゃったら自信を持ってこの参考書をおすすめします。

さきほどこの本のレビューを見てみたのですが、「シンプルで分かりやすい」という感想がとても多かったです。

実際のネイティブ同士の会話も基礎はシンプルなものが多いので、これでたくさん練習すると、必ず役に立つと思います。

また、本の中身も小難しいことは一切ないので、活字を見ると吐きそうになる人にもオススメ!!!(*´∀`*)


CD付 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100 (スティーブ・ソレイシィの英会話シリーズ)

 

CATEGORIES & TAGS

英会話, , ,

Author:

初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!