リスニング

英語のリスニングスキルを伸ばすための修行《受け身の英語学習は今日で卒業》

2019年1月17日

英語のリスニングって難しいですよね。
 
特定の人の英語はきちんと聞き取れても、他の人の英語は聞き取れなかったりします。
 
私自身も以前「男性の話す英語が聞き取れない」という時期があり、とても悩んでいました。
 
 
 
・積極的に洋画を見るようにしても駄目
 
・英語のニュースをかけっぱなしにしてても耳に入らない
 
・よく話す人の英語は理解できるがそれ以外の人の英語は聞き取れない
 
・試験などの教材英語は聞き取れるけど、実際の外国人との会話は聞き取れない
 
 
などなど・・・。
これらの悩みを抱えていませんか?
 
なかなかリスニングスキルが上がらない理由は、あなたのリスニングの勉強法が受け身だからかもしれません。
 
 
今日はリスニングに効果のある攻めの方法をご紹介したいと思います。
 
 

受け身は今日でおしまい。攻めよう!


 
よくある聞き流すだけ・・・という方法は受け身学習の代表格だと言えます。
 
そんなぬるーーい学習法は今日で卒業です。サヨナラ!
 
今回は聞き流し英語学習について書いているわけではないのでそれに関しての意見は控えておきますが、
ただ聞き流しているだけで理解できるようになるわけがありません。
 
そんなんでリスニングができるようになってるんだったら、スペイン語の曲を毎日毎日聴いている私は(聞き取りだけなら)スペイン語マスターになってるはずじゃないですか!!(未だに私のスペイン語スキルは初心者レベルです・・・遠い目)
 
 
というわけで、今日からは集中せざるを得ない方法でリスニングのスキルアップをやっていきましょう。
 
 

オンライン英会話を利用しよう


 
リスニングもスピーキングもあまり得意じゃないけれどリスニングスキルを上げたい・・・という場合は、オンライン英会話
がオススメです。
 
オンライン英会話のhanaso には英語スピーカーの先生たちがたくさん在籍していますので、気の合いそうな方と会話してみてください。
 
会話を成立させなければならないという状況を作ることで、緊張感を持ってリスニングに取り組むことができます。
 
 
なぜオンライン英会話?真剣に洋画を見るのでは駄目なの?という疑問もあるかと思いますが、
人間は自分に甘い生き物ですから、洋画を真剣に見ていてもついつい気が逸れてしまったりします。
 

イケメン俳優や美人女優に見とれちゃうんだろ?

 
 
その点オンライン英会話ですと相手がいることですので、会話中に集中力を欠くことはできません。
 
また、オンライン英会話だと通学の必要がなく、インターネット環境さえあればどこからでもレッスンを受けることができます。
 
日本に住んでいてなかなか英語スピーカーと話をする機会がないという方はぜひ利用してみてください。
1日25分ずつでも、毎日やればかなりリスニングスキルはアップします!
 



 

言語パートナーを見つけよう


 
今オンライン英会話をおすすめしたところですが、ある程度先生との会話に慣れてリスニングが苦にならなくなってきたら、言語パートナーを持つのも良いと思います。
 
英語スピーカーが周りにいたら協力してもらうのが一番手っ取り早いですが、そうでなければ言語交換アプリなどで言語パートナーを見つけることもできます。
 
言語交換アプリで有名なのはTandem(タンデム)ですね。
過去にタンデムに関する記事を書いていますので、興味のある方はどうぞ。
→(【言語交換アプリ】Tandemで無料の英会話パートナーを見つけよう
 
 
メッセージの送り合いだけではリスニングの練習にならないので、通話で会話をするか、音声メッセージでのやりとりをしましょう。
 
英会話の先生とは違う、くだけた英語を耳にすることができると思います。
 
 
 

待って待って!他人と話せるほど英語に慣れてないよーという場合は・・・


 
完全な初心者じゃないけれど、まだ外国人と話すのはちょっと・・・という方は、まずはコソ練しましょう!!
 
ご紹介したいのは、スティーブ・ソレイシィさんの「英会話なるほどフレーズ100」という英会話練習本です。
 
 
こちら、カタコトだった私の英語力をぐんと引き上げてくれた英語教材なんです。
 
結構古い本ですが、継続的な人気を得ているみたいですね。
 
2か月ほど前に日本に一時帰国していた時に書店に行ったら英語コーナーでたくさん売られていました。
私がすごーーく愛用していた本なので、売れ筋商品の一番目立つエリアに置かれていたのは嬉しかったです。
 

 
小さい子が覚える表現から大人が普通に使っている表現まで、順番に掲載されていますので無理なく学習することが可能です。
CD付きなので、音声を繰り返しマネしてみてください。
 
 

シャドーイングやリピーティングでネイティブの話し方を習得する


 
まず、英語の教材程度でしか英語を聞いたことがない人は、ネイティブスピーカーの喋りの速さにびっくりしてしまうことでしょう。
 
それだけじゃなく、彼らは放っておくと切れ目なくしゃべり続ける癖(?)があります。
(一応切れ目はあるのですが、我々がきちんと聞き取れてないだけなんですけどね)
 
ピリオド打つこともなく(いや、彼らの中では打ってるんでしょうけど)ダラダラずーっと同じ話をしてるなと思っていると、
実はその間に何度も話題が変わっていた・・・ということがあります。
 
 
 
 
 
私の英語力がとても低かった時のことですが、ある日私はアイルランドにいました。
 
そこで私の友人と、彼女の友人たちとパブに行っていたのですが、ある初対面の男性が私に向って弾丸トークをしてきていたんです。
 
スピーキングスキルもリスニングスキルも低かった私は口を挟むこともできず、ただ必死でトークについていこうとしていました。
ランダムに聞こえてくる単語を組み立てながら「こういうことを話してるのかな?」と推測しつつ頷いていた私。
 
すると、いつの間にか彼の演説(?)は終わっており、私に何かを尋ねて来ていたらしいのです。
 
ところが、彼の喋りの数秒遅れで必死でリスニングをしていた私は何も発することなくただ頷いてしまいました。
質問して来ていたことにも気づかずに。
 
 
彼は怖い顔で言いました。
 
 

 
「理解できてないのに分かってるふりして頷いてんじゃねーよ。わからないならわからないって言えっての。」
 
 
ちょっと脚色しすぎました。ここまで乱暴には言われてません。
でも、このような内容のことを半笑いの怒り顔で言われてしまいました・・・。
 
 
Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン ですよ。
 
 
 
正直「私の英語力が低いってわかっててあんなに弾丸トークしてきたのはあなたでしょー!!
外国人相手に猛スピードトークを繰り広げてたそっちだって悪いんだ~!。」
と思ってしまったダメダメな私でしたが、
本当、ついていけないなら途中で遮ってでも「ゆっくり喋って」とかいうべきだったんですよね。
 
何も意思表示しないと、相手は理解してると思って話し続けますから。
 
私のような情けない思いをしないためにも、ついていけてない時に頷くのはやめておきましょう
 
 
 
・・・と、私の残念な経験を話してしまいましたが、リスニングにはまずネイティブの話し方を真似することがとても効果的です。
 
 
自分で発音できるようになった音はリスニングでも聞き逃しませんから。
 
 
とはいえ、最初のうちはリピーティングorシャドーイングをしようとしてもついていけないことが多いと思います。
スクリプトを見ながら音声を聴いていても、いつの間にか「あれ?どこ?」みたいな。
 
英語の音に慣れていないと、幼児用のテレビ番組でさえチンプンカンプンだと思います。
 
 
まずはYouTubeなどで子供用の番組などを見ながらリピーティング若しくはシャドーイングをやってみるとよいでしょう。

Speaking Story 50 minutes Kids cartoon Dialogues
↑ ↑ ↑ ↑
こちらはユーチューブの子供用英語のストーリー動画です。
完全な初心者さんはこの辺りから始めると良いでしょう。
 
子供用だからといって侮るなかれ。
 
英語の音に慣れていない人にはリピーティングするだけでも難しいと思います。
 
 
でも、一生懸命聞いて同じようにマネしていると、リスニングとスピーキングがすごく上達します。
 
それだけでなく、この訓練を続けると発音もすごくよくなり、周りにもびっくりされると思います。
 
集中を切らさないように頑張ってくださいね。
 
++++++++++
 
さて、長々と書いて来ましたが、お役に立てたでしょうか?
結局のところリスニングスキルアップのためには、気長にそして積極的に取り組まなければ永遠に上達しないということです。
 
でも、しっかり聞いて同じように発音できるようになるまで地道に訓練を続けると、そのうちに「あれ?随分聞き取れるようになったなあ」と自分でも驚く時期が必ずやってきます。
 
ガンガン攻めると効果は早くなりますので早速今日から始めてみてくださいね。
 

CATEGORIES & TAGS

リスニング, ,

Author:

初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!