文化(アメリカ・NYC)

【ニューヨークの夜景画像】カメラ初心者がNYの夜の街で写真撮影してみた!

2019年6月9日

こんにちは!
オリビアです。

これまであまり話したことはなかったと思いますが、私は写真が好きです。

一応一眼レフカメラを持ち歩いたりしているのですが、好きなだけで特に撮影技術を上げたいという向上心はゼロなので(!)いつまで経ってもド素人丸出しの写真しか撮れません・・・。

でも今日は、何年経ってもカメラ初心者の私がニューヨークの生活の中で撮った夜の写真をご紹介したいと思います。
基本レリーズも三脚も使用せず、手持ちでブルブル震えながらの撮影ですので、そこんとこよろしく!!

NY マンハッタンの摩天楼の夜景撮影!


 
こちらはロングアイランドシティから撮影したマンハッタンの摩天楼の画像。
ロングアイランドシティのガントリープラザステートパーク(Gantry plaza State Park)はニューヨークの夜景の写真を撮影したいならば超穴場スポットです。

ブルックリンのダンボほど観光客がいないので写真も動画も撮影しやすいのです。
 
 
 
 

こちらは先日イーストリバー上に浮かぶルーズベルトアイランドから撮った1枚。
川沿いの不安定な柵を支えにして撮影したのですが風がめちゃくちゃ強く苦労しました。
(しかも後で見たら柵の上には大量の鳥のふんが乗っていてひっくり返るかと思いました。撮影に夢中で知らぬ間に口の中とかに入ってたらどうしよう?!)

とにかく暗い上に風が強かったので、ここにはとても載せられないようなブレブレ写真を量産しつつ撮った思い出の一枚です。
 
 
 
 

こちらはまたまたクイーンズのロングアイランドシティで撮った写真です。
私はエンパイア・ステイト・ビルディングがブルーやピンク色に輝いている時が好きなのですが、こうやってみると特別感のないこの色も落ち着いていて良いかも、と思ってみたり。
 
 

マンハッタンで撮った街の画像

ミッドタウンで道路横断中に撮りました。
当然手持ちでの撮影だったので息を止めて撮影。
数枚の写真を撮り終えると酸素不足でいつも死にそうになってます。
 
 
 

こちらはブルックリンブリッジから撮った写真です。
とはいえマンハッタンに近づいていたので「マンハッタンで撮った画像」に入れてます。

この日は冬で非常に寒く、ガタガタブルブル震えながら撮ったのを覚えています。
 
 
 
 

ハドソンヤードに遊びに行った帰りに撮りました。
この時もブレブレ写真を大量に出した記憶が・・・。
でもニューヨークらしい写真で自分としては気に入っています。
 
 

 
 

これもミッドタウン。ハドソン川からの風が冷たかったです。
エンパイアステートビルディングが薄いピンクでとても可愛かったので地下鉄の駅に行く途中でパシャリ。
 
 
 
 

ルーズベルトアイランドに遊びに行った帰りに撮りました。
当然三脚もレリーズもなく手ブレを恐れながらの撮影。
 
 
 
 

私の大好きなデパート、ブルーミンデイルズです。
閉店直後の写真。
 
 

NY夜景!クイーンズの撮影画像(主にKosiuszko bridge)

な・・・なんやこの危険そうな場所は!?
オナゴはこんな場所に行くもんやない。


確かに夜はあまり気持ちのよいものではありません。
ニューヨーカーのパートナーがいる時だけ、自転車でぴゅーっと通り抜けます。
(まあ、この時は通り抜けずに自転車止めて写真撮りましたが。

ド派手な橋、コスキアスコ橋がお気に入りなもんで。
 
 
 
 

川に反射したコスキアスコ橋とエンパイアステートビルディング。
とても綺麗だったので撮影に臨むも、金網があって視界が悪い。
仕方がないのでパートナーに支えてもらいながら不安定な自転車の上に乗り命がけで撮影

当然三脚もレリーズもない状態で撮りました。
たまたまブレブレにならなかった奇跡(?)の1枚。
 
 
 
 

これはまた別の日のコスキアスコ橋。
日によって色が違うのです。

 
 
 
 

コチラも同じ。
この日はきれいなブルー、緑色で華やかでした。
 
 
 
 

先日撮影。
ロングアイランドシティの街で撮ったエンパイア・ステイト・ビルディングです。
これまた手持ちで20枚ぐらい撮って、たまたまブレがひどくなかった1枚。
平日でしたが、人通りは多かったです。(写真は人がいない時に撮影)
 
 
 
 

クイーンズから見たマンハッタン方面の写真。
この日は手ブレがひどかったです・・・(´;ω;`)ウゥゥ
夜更かし週末に撮影。
 
 

携帯(スマホ)画像と一眼レフカメラで撮影した写真の違い

いくつかの写真は同時にスマホでも撮影しましたので、せっかくなので載せておきます。
スマホでも細かく設定できるものもあるようですが、私は基本いじりません。
 

・マンハッタンの摩天楼(スマホで撮影)・


ズームしようとすると目で見て分かるぐらい崩れていたので断念。
 
 
 

・マンハッタンの摩天楼(一眼レフカメラで撮影)・


一眼レフだとド素人が撮ってもこんな感じになります。
ちなみに、同じ日、同じぐらいのタイミングで撮影。
 
 
 
 

・クイーンズボロブリッジ(スマホで撮影)・


華やかなクイーンズボロブリッジも、スマホだと暗くてちょっと不気味に写りました。
 
 
 

・クイーンズボロブリッジ(一眼レフカメラで撮影)・


一眼レフだとこんな。
 
 

NY夜景写真まとめと初心者向けのカメラ

スマホのカメラもすごく使う私ですが、やっぱりどうしても限界を感じます。
小さなデジカメと比べるとちょっぴり重いですが、一眼レフはやめられません。(何年経ってもカメラ初心者の私ですが)
 

ちなみに、一眼レフカメラをバッグから出すと大抵の友人に「カメラの設定とかどうやってるの?勉強したの?」と聞かれますが、オリビアは全然勉強してません!!(汗)

全っ然よくわかってない状態で色々設定をいじりながら使ってます。
(しかも適当にいじるのでうまく撮れたときの設定をまったく覚えてないという・・・)
そんな超初心者でもまあまあな感じに撮れる素晴らしい一眼レフ。

 
とはいえ、古いカメラ1台で頑張っているので近々新しいのを買いたいなと検討しています。
以前は2台持ちだったのですが、1台が使い物にならないほど古くなったので。

一応望遠レンズもよく使うので、それぞれに標準レンズ、望遠レンズを装着し、2台のカメラを持ち歩きたい願望があるのです。
 
 

最近ずーーっと気になってるキヤノン EOS Kiss M。
初心者にも使いやすいと評判が良い上にホワイトが可愛いのです。ゴツくない。

真っ黒のデカイ一眼レフを取り出すと、大抵「え・・すごいね」と若干引かれるのです 汗

私が一番最初に買ったカメラはキスシリーズだったので、なんだかキスには愛着があるんですよね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS Kiss M ダブルレンズキット ホワイト
価格:96660円(税込、送料無料) (2019/6/9時点)

白はオシャレ系の女の子向けだと思う・・・。
(あ。もちろん男性が持っても可愛いですよ。)

 
 
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キヤノン EOS Kiss M ダブルズームキット ブラック
価格:102060円(税込、送料無料) (2019/6/9時点)

ブラックはどうしてもゴツくなるよね。
 
ニューヨークに旅行するためにカメラ買おうかなーと思っているあなた。
キスMを買って使い心地を教えてくださいな。
初心者向けで評判は良いので私も検討中なのだ。
 
 
というわけで。
イミフですが今日はこの辺りで終わります。

初心者だけどカメラは楽しいよー。

 
こちら↓もぜひ読んでね(*´∀`*)

 

CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC), ,

Author:

初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!