文化(アメリカ・NYC)

【丸鶏のローストチキン】オーブンで簡単!やわらか絶品!アメリカのおうちクリスマス!

2018年12月25日

あなたはクリスマスにはどんなお料理をつくりますか?

 
 
私が日本で住んでいた頃のおうちクリスマスのメニューといえば、

・ビーフシチュー
・ツリーサラダ
・温野菜サラダ
・グラタン
・買ってきたケーキ

こんな感じでした。

しかしニューヨークに引っ越してきて以来、クリスマスには必ず丸鶏を使ってローストチキンを作るようになりました。

手間がかかりそうなイメージですが、とても簡単で美味しいので毎年丸鶏のローストチキンです。

今回はアメリカでのおうちクリスマスの様子をお届けします。

クリスマスの定番!丸鶏のローストチキンの作り方

さて、早速クリスマス料理の定番であるローストチキンの作り方についてご紹介したいと思います。
細かいことを書いていけば色々ありますが、大きく分けて3工程でできあがり。

ぜひ試して頂けたらと思います!!
 

 

① 丸鶏のローストチキンはブライン法で!準備は食べる前日から

 
ローストチキンも色々な方法があるようですが、私はブライン(brine)という方法をとっています。
 
ブラインは生の鶏を塩水に漬けて1晩置く方法なのですが、これをすることで鶏が水分をしっかり取り込み、プリップリ、ジューシーに仕上がります。
 
また、鶏肉に塩分がほどよくついているため、調理後に何かソースやたれ等つける必要はありません。

そのままで絶品ローストチキンが食べられるのです。
 
 
 

鶏肉は袋から出して洗い、キッチンペーパーで水分をふき取ります。
(鶏肉を洗うと、サルモネラ菌がキッチンのシンクいっぱいに広がるそうなので、あまり飛び散らせないように気を付けて洗ってください。そして下ごしらえができたらシンク付近をしっかり洗剤でこすり洗いしておくことをおすすめします)
 
 
 
 
 

リンゴジュース、にんにく、生姜、ローリエ、塩が入ったマリネ液に鶏肉を漬けこみ、冷蔵庫の中で一晩おきます。
マリネ液の詳しい分量はこちらのシカさんのブログを参考にさせてもらいましたので、ぜひチェックしてみてください。リンゴジュースが爽やかで激うまです。
↓↓↓
リンゴジュースで芳醇やわらか!丸鶏ローストチキンは美味しい
 
 
 

② 当日、スタッフィングの準備をする


スタッフィングとは鶏肉のお腹に詰めて一緒に焼く付け合わせのことです。
 
 
私がスタッフィングに使う食材は主に、
 
・ニンニク 1かけ

・マッシュルーム 120グラム

・セロリ 1本

・玉ねぎ 小1つ

・トマト 1/2個

・焼き豚 80グラム

・細かく刻んだローズマリーの葉っぱごくわずか

 
にんにくとローズマリーはみじん切りにしますが、残りの具材は歯ごたえも楽しみたいので食感が残るぐらいの大きさにカットしておきます。
他にはちぎったパンを入れても美味しいです。
 
量はわりと適当です。
 
 
 
 

フライパンに分量外のオリーブオイルを適量入れ、ニンニクを熱します。
ニンニクの香りが立ったらたまねぎを加え、しんなりするまで炒めます。
その後、残りの材料を投入し、軽く炒めて火を止めます。
 
 
 
 

炒める時に使用するオリーブオイルは美味しいものを選ぶとさらに美味しく仕上がります。
 
私はこちらのオリーブオイルを使ってます。
スペインはエステパ地区でとれた産地限定のエキストラバージンオリーブオイル。

とても爽やかなのでガーリックトーストを作る時にも愛用。
↓ ↓ ↓

 

 

③ 鶏肉にスタッフィングを詰めてオーブンで焼く

オーブンを250度に余熱し、その間に鶏肉のお腹にスタッフィングを詰め込みます。
詰め込み作業が終わったら竹串で開かないように閉じておきます。

私はスパゲティで閉じていますが、皮が厚いと麺がポキポキ折れるのでなかなか大変です。
竹串の方が簡単だと思います。
 
 
 
 

鶏肉を入れる直前にオーブンの温度を170度に下げ、100分焼きます。私は残り20分か30分ぐらいのところで天板の上に野菜(カボチャやパプリカ、固茹でしたブロッコリーなど)を乗せ、ロースト野菜にします。
*鶏肉の表面が焦げすぎてきたらアルミホイルを乗せると焦げるスピードが遅くなります。
 
 
 
 
 

④ クリスマスの丸鶏ローストチキンできあがり


 
こんな感じで仕上がりました。
 
 
 

我が家のクリスマステーブル

合間で他の料理も準備し・・・・
 
 
 
 
 

体力限界、魂も抜けそうになった辺りでようやくクリスマステーブルが仕上がります。
 
 
 
 
 

こちらが前回のクリスマスに作った料理たちです。

・ローストチキン&ロースト野菜

・生野菜サラダ

・野菜ピザ

・カボチャのポタージュ

・フルーツゼリー

・クルミのケーキ

・マフィン

・ジンジャークッキー、よもぎクッキー

・フルーツ
 

 

クリスマスの日は朝からずっとキッチンにへばりついて調理の日となるので本当に大変ですが、やめられません 笑
かなりの量作りますが、2人でこの量をほぼ食べきってしまうんですから怖いですよね・・・(;^ω^)
 
 
ただローストチキンに関しては下ごしらえとスタッフィングの準備さえできたら後はオーブンに放り込んでおくだけなので本当に簡単です。
その上、見た目が豪華な上にびっくりするほどジューシーで絶品です。
ぜひ試してみてください。
 
 

丸鶏はネットで購入すると楽かも

アメリカでは丸鶏(チキンも七面鳥も)はスーパーでいつでも購入できますが、日本だとそうもいかないですよね。
せっかくローストチキンを作るつもりで12月23日にスーパーに行っても「ない!!!」という悲劇が起こるかもしれません。

それならばあらかじめネットで注文しておくと楽です。

ポイントがたまる楽天がおすすめなのですが、こちらは大人気のお店!
鶏の飼育法にこだわっているらしく、ここで購入する鶏肉はめちゃくちゃ美味しいそうです。

チェックしてみてね

我が家では丸鶏はクリスマスだけでなく、お正月にも作ったりします。
和の味に飽きた時には格別美味しく感じます (*´∀`*)
 
 
 
 
とはいえ、どうしても忙しくて準備できないという方もいらっしゃるでしょう。
そんな時にはプロの味をどうぞ!

CATEGORIES & TAGS

文化(アメリカ・NYC), ,

Author:

初めまして。私はアメリカ在住のオリビアです。植物が大好きな猫を飼っています。UFOやネイティブアメリカンに興味津々。また砂漠と海とバチャータ、薔薇風味の食べ物が大好きな変わり者。多趣味だけど飽きっぽく、長年ずっと継続しているのは語学の学習のみ。よろしくお願いします。
詳しいプロフィールはコチラからどうぞ!